teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


ありがとうございます

 投稿者:管理人  投稿日:2017年12月19日(火)00時52分7秒
返信・引用
  てりまさん

お久しぶりです。

確かに「性奴系図」ほどの作品が商業出版されないのは不思議ですので、こんなこともありそうです。
圭子の堕ちっぷりを早く見たいと言い続けていますが、せめて短編でも圭子が主人公の作品を読みたいです。
かおるさんもファンサービスと思って書いてくれたらいいのですが。
 
 

Re: 鮎川かほる作品が商業出版されない理由

 投稿者:てりま  投稿日:2017年12月18日(月)00時42分41秒
返信・引用
  > No.250[元記事へ]

管理人様、また唐突にやらかしてすみません。

私予てから、
「こんな読むだけで射精中枢をハックされるようなエッチな小説群がどうして書店で買えないんだろう?」
と疑問に思っていまして、しばらく流れも留まってたことだし、今なら……と。

 

鮎川かほる作品が商業出版されない理由

 投稿者:てりま  投稿日:2017年12月17日(日)14時19分1秒
返信・引用
  「休日出勤ご苦労さん、新入社員君。差し入れを持ってきたんだが……何かあったの?」
「タ、タ、大変です、編集長! 金庫の中にしまってあった豪華桐箱入り原稿がなくなって、代わりにこんなものが!」
「オイ、『CSI』とか見てないのか? 現場の証拠品を触るなよ。アレか? 返して欲しければここまでおいで~ってヤツか?」
「そうみたいです。ビットコインでいくらとか……」
「ハイハイ、分かった、もういい、この件終了。丁度いい厄介払いができたしな」
「え? どういうことです。大事な原稿なんじゃ?」
「アレはな、呪われた原稿なんで金庫の中に封印してあったんだよ。」
「マジで?」
「あの原稿は『性奴系図』って投稿作品でな、内容がエロいにもかかわらず文章がすごく上品で格調高くて、満場一致で出版が決定してたんだが、校正とか校閲を担当した編集者が最終的に二人死亡、二人退職で、これ以上かかわるとうちの出版社が潰れかねないので封印してたんだよ。後の厄は犯人に被ってもらおう」
「…………」
「どうした? 顔が真っ青だぞ、新入社員君。で、問題は金庫の中身が豪華桐箱入りの原稿ということを知っているのは犯人だけのはずだが、盗ったものと有り金全部置いて消えるのと、警察を呼ぶのと、今すぐ決めろ、新入社員君!……ってキメ顔くらい見てから消えろよ」

ああ、原稿は無事みたいだな。まあ二人死亡二人退職ってのもウソじゃないけど、問題はこの原稿がエロすぎたってことだったんだよな。触れてなくても校正で繰り返し読むだけで何度もフィニッシュした挙句、絶倫だったはずの初代担当は完遂する前に腎虚で死亡。枯れてりゃ大丈夫かと任せた嘱託の老人も心臓麻痺でエンド。女性なら大丈夫かと思ったけど、一人は得度して仏門に帰依して、もう一人は性風俗産業に見を投じ……と、いずれにしても校正は未完で終わって原稿は封印されたんだが、確認がてら久々に読んでみようか……。

 ――翌日、出勤してきた編集部員が見たものは、自席でズボンの股間にシミをつけたまま事切れた編集長の姿だった。
 混乱の中で、その傍らにあった空の桐箱を彼らは訝しんだが、中身の行方は誰も知らない。
 

ありがとうございます

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 7月17日(月)10時13分6秒
返信・引用
  竜也さん

いつもありがとうございます。

確かに婦人がタイトルにある作品はお屋敷が調教の舞台であることが多く、重厚な感じを受けます。
性奴系図はやはり大作ですね。
 

Re: はじめまして

 投稿者:竜也  投稿日:2017年 6月21日(水)14時52分27秒
返信・引用
  > No.246[元記事へ]

レスありがとうございます。

> ご質問ですが、あなる夫人さゆりはいかがでしょうか?

読み直していました。母親が早い段階でストリップ劇場のようなところで働かされ、
ラストは娘の出産と母も妊娠を懇願するラストでした。
アニマルもあり、性奴系図のような重さですが、
特上寿司を挿入するシーンは、苦手でした。
母娘の子供の将来を、性奴系図のように次世代の物語を想像する余地があります。

夫人がタイトルにある作品は昭和の香があり、
お屋敷が主な調教の舞台で、
最近の母子系は家庭と学校が舞台ですが、
性奴系図は両方の要素が合体されていて、
さすがの大作です。

前回の私の投稿についてですが、その後に自分で見つけた一つが哀色の被虐情話でした。
ラストで尻娼婦としてヒロインは働くことになります。
舞台は序盤はバーだったのが、だんだんSМ色が強くなって、
最後は息子の同級生を客としてもてなす母でした。

新作を待ちながら、
デジタル書房のころの作品で母親が尻娼婦となる作品を再読しています。


 

はじめまして

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 6月14日(水)05時51分13秒
返信・引用
  竜也さん

お越しいただきありがとうございます。

ご質問ですが、あなる夫人さゆりはいかがでしょうか?
 

ラストについて

 投稿者:竜也  投稿日:2017年 6月 9日(金)12時18分39秒
返信・引用
  はじめまして。

性奴系図のように、ヒロインが娼館やsmクラブで働かされる終わり方の鮎川作品をご存知でしたら教えて頂きたいです。調教過程でなく、あくまでエンディングでその状態になるものです。
そこからの解放など、続編が想像できるから好きな終わり方です。
 

仮の話

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 3月31日(金)04時39分52秒
返信・引用
  あなる夫人さゆりや性奴系図と似た傾向の作品である哀菊夫人上下、哀奴夫人、愛奴夫人、零落の貴婦人のDMM、dlsiteでの販売数を比較すると、DMMの方が大体1.1倍~2.5倍の差があります。
あなる夫人さゆりと性奴系図はご存知のようにDMMでは販売されていませんが、DMMでもし販売されていたらと思わず想像してしまいました。
 

ありがとうございます

 投稿者:管理人  投稿日:2016年12月25日(日)23時17分23秒
返信・引用 編集済
  重人様

いつもありがとうございます。
「性奴系図以上」というのは難しいかもしれませんが、私もかほるさんが新作を書いていただけることを楽しみにしております。
 

お久しぶりです

 投稿者:重人  投稿日:2016年12月 5日(月)01時25分30秒
返信・引用
  >管理人さん
前に書込みした母娘相姦物ですが少し前に発売しました
ただ熟女調教よりは娘のイジメのネタにされてる感が大きかったので
そこらへん読者様の中で賛否両論が有り
自分の中でも大変勉強になる作品となりました
中々鮎川先生の様な母娘相姦物は難しい物ですね

自分もわうんさんに便乗して
続編でなくても構わないので
性奴系図や濡れる哀母以上の強烈で過激な新作が読んでみたいですね

>リュウさん
「私の身体はみんなの玩具じゃないのに…」の感想ありがとうございました
興奮するシチュエーションについて褒めて頂けたのは嬉しかったです

http://pigsty.b.dlsite.net/archives/1062067615.html

 

お久しぶりです

 投稿者:管理人  投稿日:2016年12月 3日(土)05時20分21秒
返信・引用 編集済
  皆様

しばらくパソコンにアクセスできない環境にいましたが、今はもう復活しました。
管理人でありながら長期間不在にしておりまして申し訳ありません。



わうん様

性奴系図への熱い想いはよく理解できます。
かほるさん次第ですので、気長に待ちたいと思います。


かほる様

かほるさん自ら書き込みいただき、ありがたいです。
「美教師はマゾヒスト」を読みましたが、親子間での電流責めには興奮しました。


リュウ様

お越しいただきありがとうございます。
ご紹介いただいたブログも後ほど拝見させていただきます。


重人様

アイデアのご紹介ありがとうございます。
重人さんの作品も楽しみにしております。
 

なぜ・・・

 投稿者:わうん  投稿日:2016年10月 1日(土)05時18分30秒
返信・引用
  「性奴系図」、頭ががんがん痛くなるほど強烈で印象に残る作品なのに、なんでないの、続編・・・。
作者さんには、圭子夫人をより惨めに追い込んでいくような描写を期待したいのに・・・。まだまだ圭子が受けていない(他の鮎川作品には描写されているけど)責めが多くあるように思えます。

管理人さん、最近どうしているのかな・・・。
 

リュウさん、ありがとうございます

 投稿者:かほる  投稿日:2016年 8月14日(日)12時09分32秒
返信・引用
  『美教師はマゾヒス』との感想をありがとうございます。
いじめられっ子正木からのファンということで、応援をいただきうれしく思います。
リュウさんが書いてくださったように、女教師が校舎内で自らスカートをめくりあげ、
恥部にローターを挿入される場面は、手前味噌ながら気に入っています。
羞恥心と恥辱感、教え子たちに屈することへの葛藤と被虐に蝕まれる胸中がお届けできたら
と思っています。
 

『美教師はマゾヒスト』の感想

 投稿者:リュウ  投稿日:2016年 6月14日(火)13時05分18秒
返信・引用
  こんにちは。

いじめられっ子正木に投稿されていた時代からのファンです。

新作『牝に墜ちた哀母 わたしをもっといじめてください』が発表されましたね。
前作『美教師はマゾヒスト』の感想をブログで書きましたので、
ご覧いただけるとうれしいです。

http://shameandbeauty.info/archives/1652
 

お久しぶりです

 投稿者:重人  投稿日:2016年 5月28日(土)01時47分15秒
返信・引用
  管理人さんが前におっしゃってた鮎川先生の作品を描かないのか?
という案ですが
鮎川作品というわけではないですが
昨日出した新作の続編を鮎川先生チックな雰囲気のある母子相姦作品にしようかと考えています
その作品のリアルモデルにした女の子が恵○子という名前なので
母親の名前は恵子(けいこ)にしました(新作のラストで少しだけ恵子は出てきます)
まだ構想の段階なので(出来るのは半年後位だと思います)
下記のHP、又はHPから飛べるPixivの方に何か要望でもあれば書き込んで頂けると嬉しいです

http://pigsty.b.dlsite.net/

 

ありがとうございます

 投稿者:管理人  投稿日:2016年 5月27日(金)05時40分12秒
返信・引用
  Mikunu様

お越しいただきありがとうございます。
新しい作品は私もとても待ち遠しいです。
これまでの作品で特に好きな作品は何かありますか?
 

いかがですか

 投稿者:Makinu  投稿日:2016年 5月20日(金)10時29分48秒
返信・引用
  最近、新作が発売されないのでまちどうしい限りです。
絶世の美女を大勢の悪魔女たちが徹底的に恥ずかしめる作品お待ちしています。
 

ありがとうございます

 投稿者:管理人  投稿日:2016年 5月 7日(土)06時56分24秒
返信・引用
  わうん様

お久しぶりです。

「性奴系図」についてお書きいただきありがとうございます。
圭子の堕ちっぷりを早く見たいのは一緒ですが、かほるさんが新たに書かれるのを気長に待ちたいと思います。
「性奴圭子」という作品名はとてもいいですね。
 

早く・・・

 投稿者:わうん  投稿日:2016年 5月 5日(木)23時43分43秒
返信・引用
  「性奴系図」、とてもインパクトのある作品。頭が痛くなるほど。
もう圭子夫人の姿を見ることはできないのでしょうか?
「性奴圭子」という作品名ででも・・・。
容赦のない責め。いくらでも書いてほしい・・・。


 

濡れる哀母

 投稿者:管理人  投稿日:2016年 4月 7日(木)06時06分46秒
返信・引用
  重人様

いつもありがとうございます。

確かに濡れる哀母は傑作だと思います。
牝犬調教、刺青、ストリップ、AVなど性奴系図ではあっさりと触れられていなかった場面もじっくりと描かれていますので、興奮させられます。個人的には、そういう場面に置かれた圭子の表情や心理を続編か別の作品で読んでみたいというのはありますが、すごい作品であることは間違いありません。
美しい女性がとことん堕ちていくのはたまりませんね。
 

濡れる哀母

 投稿者:重人  投稿日:2016年 4月 4日(月)21時39分30秒
返信・引用
  濡れる哀母管理人さんの旅行中に読みました
最高ですね!
性奴系図や母娘残菊物語と同じ様な序盤から飽きさせないスピーディーな展開で
それでいて性奴系図や母娘残菊物語とも違った雰囲気&展開のある
濡れる哀母は性奴系図と張り合える傑作ですね
男の娘という物に興味はないのですが、母子の被虐が物凄かったのでとても楽しめました
最後まで楽しかったです

http://pigsty.b.dlsite.net/

 

返事遅れました

 投稿者:管理人  投稿日:2016年 4月 4日(月)07時20分42秒
返信・引用
  重人様

旅行でしばらく離れていました。
お越しいただきありがとうございます。

確かに末路が大体予想されるところまで読みたいというのはあります。
特に「性奴系図」のような大型作品ではヒロインがどこまで惨めに堕ちていくのか興味があります。
「濡れる哀母」はかほるさんの相姦物の中でも「性奴系図」のようなテイストを持っています。


 

哀菊夫人

 投稿者:重人  投稿日:2016年 3月27日(日)02時24分30秒
返信・引用
  哀菊夫人全て読みました
後半で出てくる元女優の川島奈美(名前からしてモデルは…)がいい味出してますね
鮎川先生の作品のあんな感じで短く纏められているサイドストーリーみたいな物は大好きですね
ちょうど母娘残菊物語で裕子の為にSMクラブに軟禁される事になる詩織先生のショートストーリー的な感じですね

同じく凌辱、被虐は大好物ですが猟奇になるとSM、エロスとはまた違うと思います
自分の作品でも末路みたいな物は描きますが、直接的な死のシーンは描かない様にしています
両足切断されて便器として使われてる時点でその先は想像出来ますが…
そこまででいいんですよね
それ以上は脳内で考えて貰った方がエロいですね

鮎川先生もそれを踏まえて最後まで描かない作品が多いと思います
ただもう少し見たいって作品は多いですね
末路が大体予想出来るシーンまで描いて頂けると嬉しいですね
哀菊夫人はそこまで描かれている作品でしたね

オススメ頂いた哀奴夫人の前に濡れる哀母が少し気になってます
ピアスや刺青等の肉体改造は大好きなので先に読んでみるかもしれません
情報があればお聞きしたいです

http://pigsty.b.dlsite.net/

 

哀菊夫人

 投稿者:管理人  投稿日:2016年 3月26日(土)21時40分25秒
返信・引用
  重人様

お越しいただきありがとうございます。

哀菊夫人は私も大好きです。作品としては、ミニ「性奴系図」という感じがします。
圭子の末路がどうなったのかはファンとしてぜひ知りたいところです。私は猟奇的な作品はあまり好きではありませんので、圭子が死んでしまう場面はできれば見たくないのですが、圭子の運命がどうなったのかはとても興味があります。
「性奴系図」はかほるさんの代表作ですので、このサイトでも「性奴系図」について書かれる方はとても多いです。
 

圭子の末路

 投稿者:重人  投稿日:2016年 3月22日(火)19時15分38秒
返信・引用
  ご購入頂き誠にありがとうございます
2作目の「こんな汚い身体にされてしまった私でも愛してくれますか?」の方は海外でのお話なので奈緒の末路は圭子の末路に通じる物がありますね
ただアメリカのスラム街+南米の無法地帯辺りをイメージした作品なので中東だとまた責めが変わってきそうです
そして圭子は鮎川先生の作品のヒロインなので出来れば鮎川先生が描いた圭子の末路が読みたいですね

アイデアとしては
静江に圭子の無様な死に様が知らされて(話に出てた剥製とかも良いですね)
それと同時に12枚のDVDが届き生前の圭子の姿、そして死ぬまでが克明に記録されていた…みたいな物とか興奮しますよね
ただ死を直接的に表現すると凌辱というより猟奇に近くなる場合があるのでそこらへんの表現が難しい所ですね

オススメ頂いた哀菊夫人上下巻を購入して
ちょうど上巻読み終わった所です
人身売買の話で脅されて母親の夕子自ら娘の詩織に処女を捧げて奴隷になる様に説得させるとかいいですね
続きが楽しみです

http://pigsty.b.dlsite.net/

 

読みました

 投稿者:管理人  投稿日:2016年 3月22日(火)07時10分31秒
返信・引用
  重人様


作品のご紹介ありがとうございます。さっそく2作品とも読ませていただきました。
両作品ともヒロインが非道な責めを受けて被虐の淵に堕ちていくのがものすごいです。圭子にも同じ運命がおとずれるのでしょうか。便器に改造されるというのがすごいです。
重人さん同様、売られた後の圭子の運命がどうなるのか気になりますね。

かほるさんの了解があればですが、そのうち圭子のことも描かれるんですか?
 

やはり性奴系図

 投稿者:重人  投稿日:2016年 3月19日(土)20時25分52秒
返信・引用
  やはり性奴系図がいいですよね!
DLSiteで発売している性奴系図は改訂版みたいなので読むつもりでいます
新キャラクターとか出てくるのですね
とても楽しみです

ここから先はあったらいいな~という話ですが
圭子が中東に売られてからの日々が気になりますよね
圭子の運命を最後の最後まで詳しく見てみたいです

母娘残菊物語はやっと志乃がテレビに復帰して今から滅茶苦茶にされてしまう…という所で終わっているので続きがあるなら読んでみたいとずっと思っていました

あなる夫人はkeiko名義版読んだ事があります
いい作品ですよねDLSite版で続きが読めるなら読んでみたいです
哀菊夫人と哀奴夫人読んでみますね
オススメありがとうございます

自分の作品は絵の方は勉強中でお恥ずかしい物ですが…
ストーリー展開を早くテンポ良く行く所まで行っちゃう感じの物を意識して描きました
まだ2作品しか出していないですし
皆様にお見せ出来る様な物ではないかもしれませんが
プログのURL張っておきますね

http://pigsty.b.dlsite.net/

 

はじめまして

 投稿者:管理人  投稿日:2016年 3月19日(土)11時41分28秒
返信・引用 編集済
  重人様

お越しいただきありがとうございます。

私もKeiko名義の「性奴系図」が最初に読んだ鮎川作品でした。「性奴系図」はDLsiteで販売されていますが、Keiko版よりもだいぶ内容が充実してして、藤田の妻や社長秘書など新キャラクターも登場しています。
このサイトでも多くの人が要望していますが、続編でなくても圭子が登場する作品をもっと読んでみたいです。
展開が早く行く所まで行ってしまう作品ですが、哀菊夫人、哀奴夫人、あなる夫人さゆりなどがあると思いますが、やはり性奴系図が一番すごいと思います。

重人さんはSM作品を発表されているとのことですが、差し支えなければ作品をご紹介いただけないでしょうか?これも何かの縁ですので、ぜひ読んでみたいと思います。


 

はじめまして

 投稿者:重人  投稿日:2016年 3月16日(水)21時18分21秒
返信・引用
  はじめまして
keikoさん(鮎川先生の昔の名義)のファンで
Keikoさんの作品は全て読みましたが、ほとんど未完だったのでどうにか続きが読みたくて
色々検索していたら
このサイトにたどり着き
鮎川かほる名義に変えて
作品を販売している事を知りとても感激しています

Keiko名義の作品と被る作品が多いのでお聞きしたいのですが
「母娘残菊物語」と「性奴系図」の2つは鮎川かほる名義での販売作品では続きまで書かれてるのでしょうか?(特に好きで続きが気になる作品なので)
また「母娘残菊物語」の方はでじたる書房のみでの販売でDLSite、DMMの方では販売していない様ですが、改訂版が出るのかな?と考え手を出せないでいます
この2作品について詳細を知っていらしたら教えて頂けたら幸いです

鮎川かほる名義の新作品についてもお聞きしたいのですが
「零落の貴婦人」を先日購入し読んでみました感想としては展開がちょっと遅かったかな?というのと管理人さんがおっしゃっている様にいい所で終わってしまっていて続きがあるのかな?という感じの作品ですね

という事で展開が早く行く所まで行ってしまう(刺青、ピアス、肉体改造等理想は圭子夫人)
いい所で終わらない作品があれば教えて頂ければ幸いです
自分自身CG集というSM紙芝居みたいな物を販売しているのがDLSiteとDMMなので出来ればDLSiteか?DMMで販売している物だと嬉しいです
 

性奴系図韓国語版

 投稿者:管理人  投稿日:2015年12月19日(土)23時20分26秒
返信・引用
  なにげなくハングルで性奴系図を検索したところ、性奴系図の韓国語版を見つけました。
最初と最期の部分をざっと目を通しましたが、ちょうど静江が父親を病院に見舞ってから家で一郎と食事をする場面で終わっております。表題が「性奴系図1編」となっていますので、これから次々と翻訳版が掲載されていくのかもしれません。ただ、冒頭に「残りの部分は翻訳サイトを見てほしい」というような記載がありますが。
韓国語の勉強のつもりで少しずつ読んでいきたいです。
かほるさんの性奴系図がここまで韓国のファンに受け入れられているのもすごいですね。

http://www.ilbe.com/6097570494
 

レンタル掲示板
/9