teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


Re: エジンバラ音楽祭のワルターとフェリアー

 投稿者:DANNO  投稿日:2017年 8月12日(土)22時31分45秒 h124-241-143-033.user.starcat.ne.jp
返信・引用
  > No.136[元記事へ]

本日CDが届き詳細判りました。新譜NEWSに詳細載せましたので参照ください。
尚録音はBBC 1スタジオで事前に録音したものを9/16に放送したとの事です。
 
 

エジンバラ音楽祭のワルターとフェリアー

 投稿者:DANNO  投稿日:2017年 8月 1日(火)22時39分35秒 h124-241-143-033.user.starcat.ne.jp
返信・引用 編集済
  1951年のリサイタルのCDが出ていた、曲目の詳細は現在不明ですがワルターの伴奏で3曲が入っているようです。本日HMVに注文しましたので詳細判り次第アップします。
初出の音源のようです。
 

1943.11.7のエグモント

 投稿者:DANNO  投稿日:2017年 7月 1日(土)16時44分13秒 h124-241-143-033.user.starcat.ne.jp
返信・引用
  > No.127[元記事へ]

ずいぶん遅くなりましたが

You Tubeの音源とWING DISCの音源の検証が出来ました。
結論から言いますと、同じ演奏でした。

WING DISK WCD-16の日付は当初より1943/7/11となっておりました
ところが、エリックのディスコグラフィではWING DISKの日付間違いとして1943/1/30となっていました。

今回You Tubeの音源は1943/11/7の演奏会全曲をアップしています、またDisco Archiviaから購入していた音源も43/11/7として全曲リリースされていました。

3枚全部確認しました、幸いなことにアナウンスが録音されており全く同一の物でした、よってエリックのディスコグラフィの日時は間違いでWINGの日付も間違い(こちらは単純に7/11と11/7を間違えたものと思います)
 

Re: ムック本「トスカニーニ」に

 投稿者:DANNO  投稿日:2017年 6月 1日(木)23時53分28秒 h124-241-143-033.user.starcat.ne.jp
返信・引用
  > No.133[元記事へ]

この本先日買ったばかりで、そこまで読んでいませんでした。NHKの保管庫にあるのですねすると、一度は放送されたんでしょうね、51年のフィデリオでしょうか?発掘してリリースしてほしいです、既存の音源と比べてみたいです。
 

ムック本「トスカニーニ」に

 投稿者:matsumo  投稿日:2017年 6月 1日(木)17時59分45秒 p754197-omed01.osaka.ocn.ne.jp
返信・引用
  先日、ムック本「文藝別冊 KAWADE夢ムック トスカニーニ 指揮者の最高峰」(発行日:2017. 5.30、発行所」:河出書房新社)を読んだのですが、そこに、藁科雅美、寺西春雄、田代秀穂、西山広一による座談会”トスカニーニの歌劇「ラ・ボエーム」全曲合評”と言う雑誌「レコード音楽」1952. 8月号に収録されていたものが、収録されていたのですが、その中で、藁科氏が「NHKにワルターの全曲を録音した十六インチ盤が直送されてきているそうですが」と述べていました。藁科氏って、確か、NHKラジオでクラシック音楽番組を行っていた人だと思いますので、収録時かなんかの時に聞いた話だと思います。

ううん、1952年 8月号と言うことは、おそらく、1951年のメトロポリタン歌劇場の公演だと思いますが、もし、まだ、NHKに残っているのであれば、これから作成したものを発売して欲しいものです。と言っても、これ、直径40cmのアルミ盤にアセテートを塗布した33 1/3回転盤だと思いますが、アセテートは経年変化が激しいそうですから、もう、再生不可の可能性が高いですが。

なお、このトスカニーニ本、何だか、トスカニーニを否定する話ばかりと言う珍しいものです(笑)。
 

ワルターはどこに

 投稿者:知足老人  投稿日:2017年 5月17日(水)19時54分37秒 p1161-ipbf801niigatani.niigata.ocn.ne.jp
返信・引用
   私は71歳になったばかりの老人です。ワルターとの付き合いは丁度1960年のマーラー生誕100年の年に遡りります。エロイカシンフォニーの新譜を兄にねだって買ってもらったのが最初で、ブラームスの超デラックスな全集、ワーグナーのLPなど感激でした。授業の自由作文で、ワルターのレコードと演奏について書いた時はクラスで最高点数をいただきました。マーラーの第九の新譜の初発売時には、高熱を出して寝込んでいた時でした。勿論初めて耳にするLPでした。大学受験を控えながら、ワルターの演奏には大変な力になり、考えにも大きな影響を与えてくれたと思っています。


 昨年ワルターの伝記にはマーラーの「巨人」の録音に際し、バーンスタインが録音を取りやめたり、ワルターの録音セッションに訪問したことんだが写真とともに掲載されています。
 また、ズビン・メータが時々訪れて、ウィーン訛りの会話を喜んだこと(音楽の友のインタビュー)や「マーラーを語る」(ズビン・メータの項)で、ワルターの第九(マーラー)の録音について語っていることは興味深いことです。CBSコロンビアはセッションの費用をチャラにしたのではということです。ワルターは了解したらしい。
でも、ウィーンフィルの楽団長が訪問した時、自分では納得のいった録音だったと語り一緒に聴いたということです。1938年の録音は最後まで認めていなかったというエピソードです。
 先年亡くなった宇野功呆(誤字ではありません)が伝記を恐らく読んでいないで書いたと思われる文章の中にフェーリアと性的交渉があったと書いていることです。フェーリアはバルビローリに対して抱いていた気持ちはよく知られていたことですが、芸術上の結びつき思うのです。
 長くなりましたので、またの機会したいと思います。
 

ワルター未発売録音

 投稿者:DANNO  投稿日:2017年 5月 9日(火)08時33分58秒 sp1-75-213-34.msb.spmode.ne.jp
返信・引用
  最近アップされている録音は44年以外は下記サイトで昔からリリースされているのですがここの音源つかってるのでしょうか?

http://www.classicalconducting.com/walter.html
 

1945-5-6のブラームス#4live

 投稿者:DANNO  投稿日:2017年 5月 9日(火)08時05分49秒 sp1-75-213-34.msb.spmode.ne.jp
返信・引用 編集済
  またまた、アップされてます。この演奏も未発売ですが、当方はCDRで持ってます。このままいくとまだまだ続きそうですね。お持ちで無い方には朗報ですね  

Re: 1943.11.7のコンサート記録が公開

 投稿者:DANNO  投稿日:2017年 5月 9日(火)07時57分5秒 sp1-75-213-34.msb.spmode.ne.jp
返信・引用
  goodmanmusica氏の基本データには、compositore、
pianista、Direttore d'orchestraとなっています。
名前はKeith Goodman  活動の足跡がナポリが多くイタリア在住でしょうか?これ以上は不明です。
 

Re: コンセルトヘボウのKV550

 投稿者:DANNO  投稿日:2017年 5月 9日(火)00時57分3秒 h124-241-143-033.user.starcat.ne.jp
返信・引用
  > No.125[元記事へ]

1952年の6月の演奏日付ですが従来6/6・19等の日付がありましたが最近コンセルトヘボウのHPに演奏会記録のデーターベースが上がっており、そこには6/19の演奏は存在しておりませんでした。
当方のHPも先ほどのエグモント同様新しいデータに基づいた修正を加えなければいけないのですが、現在ウィーンフィルと国立歌劇場、ウィーン交響楽団のデーターの追加修正をやっていてディスコグラフィまで手が回らない状態です。以前マーラーの4番の方は同じように日付が違っていたものを聴き比べたら同じ演奏と結論付けたのですが(エリックは違うと言っていますが)、40番はやっていません。

エリックは下記のように別演奏としているようです
----------------------------------------------------
Mozart: Symphony No. 40
Concertgebouw Orchestra
[June 1952; Concertgebouw] (live performance)
    ? CD: Wing WCD 26; Music and Arts CD 1090(2)

Mozart: Symphony No. 40
Concertgebouw Orchestra
June 6, 1952; Kurhaus, Scheveningen (live performance)
    ? CD: RN Music MCCL97018
----------------------------------------------------
もう少し検証が必要ですね、なかなか忙しくて時間が取れません
どなたか、ご協力頂けるとありがたいのですが・・・・・
 

レンタル掲示板
/14