投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


これだけでメンバーになれますぞ

 投稿者:天山鉄道  投稿日:2019年 5月28日(火)18時43分24秒
返信・引用 編集済
  先週末は山梨の秘密基地でクラブの仲間と呑んだくれてまいりました。
次の開催話も出ていますので、フルーツ王国山梨ですから「ブドウ狩り」の時期ですかね。

てなことで仲間と山梨を楽しんだタイミングですので
ちょうど集めていた山梨交通のバスも10台揃ったことから
良い機会なのでバスの車庫でも造ってみようということで
ペーパーキットのバス車庫をヤフオクで即決落札!
はい、届きましたのですぐに組み立ててみましたよ。

おおよそA4サイズのバス車庫キットですので
我がクラブの「まずはA4サイズのミニ情景からスタート」にぴったり。
ということで、クラブへの入会条件を満たす製作事例となります。

ペーパーキットは初めてではありませんので
製作のポイントは理解しております。
大切なのは切り口の処理
そして、オリジナリティを出すためには看板です。
今回は「山梨交通」のバス車庫にしますので
同社のHPから使えそうな看板データを取り出し
これを適宜貼り付けてリアリティを出してみました。

山梨交通の社名の看板は使えそうなものがありませんでしたので
最近のバスの色の緑色で勝手に表現してみました。
(国際興業グループの塗装色です)


このバス車庫モジュールをA4サイズの厚紙板に貼り付けて完成。
これを運転会に持参して所定のA4サイズの枠に置けば
そうです、あなたも我がメンバーの一員となることが出来ます。
たった1日の作業時間でした。

我がクラブへ入会する際の敷居は決して高くありませんよ。

【写真 上中下】角度を変えて撮影してみました。
 

秘密基地に集合しました

 投稿者:事務局  投稿日:2019年 5月27日(月)14時04分3秒
返信・引用 編集済
  我がクラブの公式行事ではありませんが

「たまには泊まりがけで呑むか」

ということで、山梨の竜王に設けた秘密基地に6名のメンバーが集合
東京は猛暑とトランプ来日でガタガタしている中
午後4時には秘密基地に皆さん集合!

早速、「温泉班」と「フライング呑み会班」に分かれて行動開始
気温的には東京も山梨も変わらない猛暑だったのですが
やっぱ高原なんですかね、空気がさわやかで過ごしやすい
とくに秘密基地は風通しが良いのでクーラーなども不要でした。

午後6時半、食い物もそろい宴会開始
集まったメンバーの平均年齢、結構高齢者の集まりなのですが
まあいいペースで食べること
毎年猛暑の真夏に中華食い放題の暑気払いをするメンバーですから
見慣れた光景ではありますが、皆さんたくましいですぞ。

結局深夜2時まで呑み会は続き
記憶も怪しい中でお開き、そして朝8時にしっかりと起床
そして黙々と朝食も食べて
「せっかく山梨に来たんだからワイナリーに行こう」
ということで伊勢志摩サミットの晩餐に出された酒折ワイナリーへ

今回は当初の予定とはかなり違った行動とはなりましたが
それなりに楽しかった秘密基地探訪ツアーでした。
やっぱ「ブドウ狩り」したいですよね。
そうした時期にまた計画しますかね。

次は長野の古民家をゲットしたメンバーの隠れ家へ行きますぞ。

より詳しい内容は我がブログに掲載

https://blogs.yahoo.co.jp/cowestern2006/58421254.html

【写真上】集まった6名の仲間たち
【写真中】用意した料理の第1弾、第2弾は洋風料理
【写真下】伊勢志摩サミットで日本代表として出されたワイン
 

雪景色のレイアウト⑩

 投稿者:天山鉄道  投稿日:2019年 5月15日(水)00時06分15秒
返信・引用 編集済
  このコーナーモジュールの製作記事も10回目となりました。
このあとは大人の事情により後日、別の形で公表いたします。
もしかしたら本屋さんへ出向いてもらうかも。

今回は線路に架線柱を立てました。
手前2線は新線の複線
奥の第3線は古いローカル線、というイメージです。
第3線のローカル線はカーブ鉄橋に付属していたアングル形のものを使用しますが
手前側の複線は最新型のものを使ってみました。
これで手前側2線と、奥側の3番線との差別化が顕著になるでしょう。

このあと、雪の状態をリアルに仕上げるとともに
見て楽しい情景にするため、色々と仕込みを行います。
気になる方は6月30日の公開運転会(トップページ参照)か
8月16~18日に開催するお台場でのイベントにお越し下さい。

ということで、このモジュールレイアウトの製作レポートはおしまい、です。

【写真上】今現在の全体 取り付けるストラクチャーは別途手配中
【写真中】線路がカーブしているため架線柱だらけ
【写真下】飯田線の車輌が似合いそうです
 

雪景色のレイアウト⑨

 投稿者:天山鉄道  投稿日:2019年 5月11日(土)22時12分23秒
返信・引用 編集済
  別の製作作業があったので、ちょっと作業を休んでいました。

今日は少しばかり作業時間を延長して
 ・高架部分に柵の取り付け
 ・ベニヤむき出し部分をプラスタークロスで覆う
 ・モジュールに脚を取り付け
とくに脚の取り付けが本日のメインテーマでした。


我がクラブでは脚の素材は金属パイプを樹脂でコーティングした
ヤザキ社製のイレクターパイプを使用するのが一般的です。
でもこのパイプ、金属製ですから結構重いのです。
それに取り扱い時にぶつかるとうるさいし
必要な長さにカットするのも結構面倒くさいのです。
そこで最近では木製の脚を使用するようにしています。

今回も24mm角のラワン材の木製棒を採用しました。
これだと価格的にはイレクターと大差ありませんが軽いのがメリット。
ただ、しっかりと角を研磨しておかないとトゲにやられます。

脚の長さは線路上面までが900mmとなるように逆算計算して決めます。
ただし、脚の下にはイレクターパーツの高さ調節用のアジャスターを取り付けますので
900mmプラスマイナス10mmくらいの調節ができますので
脚の長さ計算は神経質になる必要はありません。
今回はモジュール裏面の事情?から脚の取り付け位置が均等ではなく変則ですが
いいんです、自立さえ出来れば、そしてお隣のモジュールに迷惑さえかけなければ。

これで、これからはあぐらをかいての前屈みでの作業ではなく
姿勢正しく椅子に座って作業出来るのが助かります。
とくに今までは上から目線?で作業をしていましたが
これからは見学者目線、これ大事です。

【写真上】木製脚の製作手順 足下にアジャスターを取り付けます(4工程を順に並べて撮影)
     うしろにある写真集、知ってますか(名前が写っているか)私が購入した最初で最後の写真集
【写真中】4本完成! この写真は綺麗だけど私の好きだったイメージと違うんだなぁ
【写真下】自立したコーナーモジュール ここまで造れば運転会に持参OK!


 

雪を降らします

 投稿者:天山鉄道  投稿日:2019年 5月 9日(木)23時13分23秒
返信・引用 編集済
  花咲じいさんじゃないけどJAM会場で私、雪を降らせます。
「♪馬鹿言ってんじゃないよ~」って言われそうです。
あのくそ暑いJAM会場で雪なんか無理でしょ!

そうです、無理です。
ドライアイスなんか使ったりして・・・???
そんなことはしません
そうです、雪が降るような動きのイメージを演出します。
もうわかる方には何をするか伝わったはず。

モジュールレイアウトが真っ白な雪原だけでもいいのです
ちょっとアイデアを出して楽しい演出が出来れば。
今夏の新作モジュールレイアウトはシンプルですが
「おもしれぇ!」
「なるほどねぇ」
って言ってもらえそうな雪降りの演出をしたいと思っています。
ただ、あの会場の明るさに絶えられるかのチェックが出来ていません。
「雪、どこに降っているの、どこどこ?」
こんなセリフが出ないよう頑張りますぞ!
注:あまり期待しないように。あくまでも遊びのアイデアですから。

【写真】雪降り装置の一部。この半球に350個の円形を描きました。
 

リフト

 投稿者:川鐡  投稿日:2019年 4月30日(火)06時54分23秒
返信・引用
  連休も3日間で終わりました、この3日で庫内の通路、備品置き場のライン入れと
リフティングジャッキのセットを終わらせました。
 

Re: 雪景色のレイアウト⑧

 投稿者:まるまるた  投稿日:2019年 4月29日(月)08時48分20秒
返信・引用
  製作作業は1日平均2時間でここまで出来上がるなんてすごいです。
たいへん参考になりました。やる気スイッチ入っています。
ただ、私は改修工事なのでJamに間に合うように、また、自分の見せたい風景を作りたいです。


 

雪景色のレイアウト⑧

 投稿者:天山鉄道  投稿日:2019年 4月27日(土)22時08分44秒
返信・引用 編集済
  基本的な地形造りなどの造形作業が一段落
この後は各種の演出シーンを含むストラクチャーの製作がメインになります。
とりあえずの線路が敷設できたということで、ちょっと一服!
よってこの製作レポートの中休みです。
10連休も始まりましたし、連休中に対応する仕事もあり
さらに山梨の秘密基地にも行きますので。

◆ここで完成イメージをちょっとお見せします。
造りたい情景は、大雪が降ったあと、線路、そして道路の除雪に頑張る様子です。

線路では除雪車が雪煙を上げて疾走!
道路では各種の除雪車輌が奮闘している情景の再現です。
もちろん、こうした情景を少しでもリアルに見せるため
色々なアイデアを取り込みます。
とくに今回の目玉は「吹雪の演出」です。
その方法? うううううん まだ教えません
今はまだアイデア段階ですので
上手くいかなかったらお台場で笑って下さい

参考:
今回の製作作業は1日平均で2時間程度でした。
これくらいの作業時間でも事前にしっかりとイメージの確定
そして材料などを事前に準備さえしておけば
これくらいの進捗での作業は可能です。
手が動かない皆さん、まずは製作イメージをしっかりと固めましょう。
完成予想イラストなんかを描いてイメージがぶれないようにしている方もいますね。

【写真上】全景のイメージ
【写真下】見学者目線でのイメージ
 

雪景色レイアウト⑦

 投稿者:天山鉄道  投稿日:2019年 4月26日(金)21時10分43秒
返信・引用 編集済
  いわゆる木工工事が終わりいよいよ造作作業の開始です。
まずは線路関係を先に終えておかないと
すべての作業は「線路ありき」で行いますので。


今回、ある意味、既製品を活用するので手抜き
でもそこが見せ場でもあるので手抜きが出来ない
この相反する造作が3番線のカーブ鉄橋
これをまず片付けることです。
そう、橋脚の位置を確定させます。
そのためには橋脚を取り付けられるように先に作業をしておかないと。
ということで橋脚関係のウエザリングを先に行いました。

上から見えるところは、あとで雪で覆ってしまいますので
最後まで残るよこから見える部分に注意して作業。
真っ白になる雪とのコントラストを考えて仕上げました。
雪の中ににょきっと立った無機質な橋脚、のイメージですね。


次に道路と川の基礎工事
レイアウト全体が白色系ですから
そこに横たわる道路と川
これが共に濃灰色ですから、考えただけでも寒々しい
モノトーーーーンの世界です。

これまでベニヤ平原だった情景がプラスタークロスで覆い始めると
見えてきましたよ~っ、雪景色のイメージが。
レイアウト全体が少しづつ白く染まってきました。
んんんんん・・・・・
思い通りの情景になってきましたよ。

ここでお遊び、です。
ある有名なシーンをこのレイアウト内に再現します。
ヒントは川岸に設けたちょっと高い岩場です。
はて、どのようなシーンでしょうか。

【写真上】白い化粧を始めた全景(↓が有名なシーンの演出場所)
【写真中】3番線のカーブ鉄橋の緑色がええ感じやでぇ
【写真下】道路も準備完了、です

詳細はこちらの我がブログで↓
https://blogs.yahoo.co.jp/cowestern2006?__ysp=44Kz44Ot44Op44OJ44Km44Ko44K544K%2F44Oz6YmE6YGT
 

Re: 雪景色レイアウト⑥

 投稿者:まるまるた  投稿日:2019年 4月25日(木)17時36分29秒
返信・引用
  すごいです(*_*)
約一週間でここまで出来上がるなんて?

新入りとして、もう少し頑張ります?

わからないことがありましたら、教えてください。

よし、頑張ろう??
 

雪景色レイアウト⑥

 投稿者:天山鉄道  投稿日:2019年 4月24日(水)19時03分41秒
返信・引用
  今回はモジュール基盤の裏側の電気配線工事です。
この電気配線ミスが最も多いトラブル事例となってますので
作業そのものは単純なんですが要注意作業なのです。

配線ミスが起きる原因は、取り付けるジャック栓が左右で逆向きになるからですかね。
(+)と(-)の間違い
1番線と3番線のクロス配線
トラブル事例からみても原因はそうしたことでしょう。

今回はこの他に1、2番線の路盤を少し狭めるため
車両限界測定車を使用しました。

不要になった貨車に車輌限界測定板を取り付けただけですが
レイアウト製作時にはとてもよく活躍しています。

【写真上】モジュールレイアウト基盤の裏側 100Vの給電コードも取り付け
【写真中】OLFAの「ホビーのこ」で路盤をカット
【写真下】車輌限界測定車
 

雪景色レイアウト⑤

 投稿者:天山鉄道  投稿日:2019年 4月23日(火)21時45分8秒
返信・引用 編集済
  いよいよ本線線路の取り付けです。
他のモジュールとの接続部分のレールへの加工は済ませてありますので
作業は線路がファインレールという違いがあるだけで
いつもの要領で淡々と進めます。

線路はPECOのフレキシブルレールを使用しますが
直線モジュールだと継目なしに敷設できるのですが
カーブモジュールは1200mmほどの長さになるため
フレキレールの長さが足りませんので、どこかで線路を繋がないといけません。
この処理をいい加減に済ますと「脱線の名所」となります。

このモジュールは3番線がカーブ鉄橋というのが特徴です。
橋脚は河川敷の部分は既製品のサイズのまま使用出来ますが(ちょっと短いか)
地上部分は半分くらいにカットして取り付け。
ただ、本来なら半径562mmのカーブにするところをカーブ鉄橋の規格上、半径450mm
よってR450のカーブが2つ存在する変形カーブレイアウトになります。
走行がちょっとぎくしゃくするイメージかもしれませんが
これがJANTRAK規格で認められたカーブの限界です。(トップ画面からモジュール規格を参照)
ただ少しでもスムーズに走行するよう現物合わせで緩和曲線的に調整します。

このあとはフィーダ線や裏面での給電配線など地味な作業へと続きます。

違う視点での詳細製作レポートを我がブログに同時並行で掲載しています。↓
https://blogs.yahoo.co.jp/cowestern2006/MYBLOG/write.html?fid=1138557&pid=58403412&.done=https://blogs.yahoo.co.jp/cowestern2006/58403412.html
【写真上】内側から3番線のカーブ鉄橋を望む(ええ感じやでぇ)
【写真中】見学者目線の角度。手前のコンクリート橋でかなりカーブ鉄橋が隠れます
【写真下】真上から眺めて3番線の線路配置を微調整
 

再開

 投稿者:川鐡  投稿日:2019年 4月23日(火)06時19分38秒
返信・引用
  指扇車両基地 中央モジュ-ルの工作再開です。
ここでの見せ場は検修庫と修繕庫の内部ですね。
手始めとして床の塗装から始めました。
 

雪景色レイアウト④

 投稿者:天山鉄道  投稿日:2019年 4月22日(月)23時09分22秒
返信・引用 編集済
  今日は時間があまりとれなかったので作業は少々でした。

まず、高架橋部分に取り付ける柵を探してました。
そしてTOMIX製品に良いものを見つけました。
これで材料はすべてそろったかな?

目立った作業としては、縦に走る単線線路の取り付けです。
この部分だけではなく、線路はすべてPECOのコンクリート製ファインレールです。
その理由ですが、レールを止める爪の部分が見えると
木製枕木の爪は茶色ですので雪景色が汚く見えてしまうのです。
これを避けるため、爪のないコンクリー色のファインレールを採用しました。
ただ、ファインレールが線路の断面形状が違いますので
グラインダーで研磨して線路の断面形状を同じにします。
これで問題解決です。

【写真上】今回採用したTOMIXの防護柵
【写真中】縦のダミー線路は除雪車が主役です
【写真下】ファインレールの断面。 右が本来の断面、左が修正後の断面

 

雪景色レイアウト③

 投稿者:天山鉄道  投稿日:2019年 4月21日(日)19時04分51秒
返信・引用 編集済
  今回は野暮用等が入ってしまい1、2番線の線路関連の作業のみです。
当初は築堤にして、線路付近も雪で白く染まった姿をと思っていたのですが
モジュールレイアウト全体が真っ白ですから、何も築堤でなくてもよいのでは?
と、ここでも計画変更に突入!

3番線がカーブ鉄橋のローカル線ですから
手前の複線は近代的な高架橋の方が線路下にも空間が出来て情景にも変化が付けられそう
ならばということで使えそうな既製品を探したところ
ピッタンコのものがあるではあ~りませんか
KATOのごっつい複線用橋脚です。
これをカットして35mmという低さで取り付けると、すっげぇごっつい感じになりそうです。
(川の部分は逆に下駄を履かせないと)
ということで線路部分のイメージが固まりました。

なお、これに合わせ、1、2番線の路盤の幅も
架線柱が立てられるように5mmほどカットこの後はいよいよ線路の敷設と電気配線関連ですぞ。
(我がブログにも詳細記事掲載中)

【写真上】使用した複線橋脚
【写真中】高さ調節して仮置きした状態
【写真下】内側から見た方がイメージがつかみやすい

 

Re: 雪景色レイアウト②

 投稿者:まるまるた  投稿日:2019年 4月21日(日)12時52分49秒
返信・引用
  私は未発表?のコーナーモジュールがあります。
いろいろありまして(T_T)
途中で投げ出していました。
直線900のモジュールの改修工事が終わって余力があれば着手したいです。
刺激されました\(^o^)/
同期入会の新人さんも刺激もらって
A4ジオラマからでも作って欲しいです(^o^)
 

雪景色レイアウト②

 投稿者:天山鉄道  投稿日:2019年 4月19日(金)21時53分33秒
返信・引用 編集済
  ホームセンターでのカットミスで意気消沈
初日の作業からテンション、下がってしまいました。
・・・・・

でも、転んでもタダでは起きない私です。
まずは不足の5mmの補充、考えました。
そうです、5mm低い脚部分にスペーサーを入れて対応です。
「5mmくらい、いいじゃん」
普通ならそうなるのですが、今回はダメ
なぜなら、この高さだと国道の高さ制限が低くなり、トラック、通れません。
一応、国道66号線という設定ですので。

4.5mm厚のベニヤ板を脚に取り付けて、なんとか対応。
これで線路の路盤面の取り付けが出来ました。
ここまで終えると一息付けます。

さて、転んでもただでは起きないと前述しましたが
実は3線の内側の線路に取り付け予定のカーブ鉄橋
これを3連だった計画を5連に変更します。
手元にはカーブ鉄橋が4連分あったのですが
4連は取り付け無理と考え3連であきらめていました。
ところが、一晩の考える時間を得て浮かんだのが
「直線を間に介せば5連になるじゃん」


そうなんです。直線のガター橋を1個手配すれば良いんです。
と言うことで早速、ヨドバシにネットで発注!
すると先ほど届きました。
注文から5時間???
送料無料でこの早さ、恐るべし!

ということで、余計な時間を得たことで5連の鉄橋へと計画変更して
線路敷設の直前まで来ました。

詳しくは、我がブログにて。
See you!

【写真上】脚の不足分をスペーサーで補ったところ
【写真中】線路の路盤面を取り付けた状態
【写真下】内側の3線目はカーブが異なるため中央部分が開いてます



 

Re: 雪景色レイアウト①

 投稿者:まるまるた  投稿日:2019年 4月19日(金)14時54分10秒
返信・引用 編集済
  たいへん参考になります。
私でもすごく新鮮に
とてもわかりやすい説明です
私もJAMコンベンションに向けて頑張ります。
直線の改修工事
 

雪景色レイアウト①

 投稿者:天山鉄道  投稿日:2019年 4月18日(木)22時16分31秒
返信・引用 編集済
  コーナーモジュールレイアウト製作の開始です。

まずはホームセンターへ行ってベースボードの板の調達。
今回は天板に4.5mm厚の、枠には9mm暑のベニヤ板を使用します。

天板は910x910のカットベニヤ
枠板は910x300のカットベニヤ
を使用します。
枠板は60mm幅が4本と35mm幅を1本にカットしてもらいます。
木材のカットはホームセンターのカットサービスを活用するに限ります。

これらの木材を現物合わせで木工用ボンドと木ねじ併用で取り付けます。
天板は5.5mm厚のベニヤ板の方が丈夫で良いのですが
完成後の重さを考えて4.5mm厚を選びました。
とくに4.5mm厚だとカッターでも切れますので加工作業が楽です。

今回は、縦に配置する線路と川を掘り込みますので
その加工(とくに掘り込まれる部分の枠組み)にちょっと手こずりました。
しかし、こうした彫り込みで平坦にならないようにしておくと
情景に変化がつきますので頑張りどころです。

地盤面が出来たところで3線部分を築堤にしますので
その築堤を製作しようとして、愕然!GAKUZEN!
築堤の高さを35mmにすべく、
ホームセンターで35mm幅にカットをお願いしたのですが
ありゃまあ!
信じていたので確認しなかったのですが
なんと、手元にあるのは30mm幅の板でした。
ここで一気にやる気をなくしましたので
今日はおしまい、です。

製作の詳細は、我がブログに掲載!
https://blogs.yahoo.co.jp/cowestern2006/58400454.html

【写真上】ホームセンターでカットした板
【写真中】枠板を取り付けて、線路と川の段差を付けました
【写真下】段差は横から見るとよくわかります
 

いよいよ製作開始!

 投稿者:天山鉄道  投稿日:2019年 4月16日(火)22時52分13秒
返信・引用 編集済
  今年の総会後に開催した懇親会の席上でも「新モジュール造ります」
とか、酔う前に宣言しちゃいましたが・・・ その後、音沙汰なしでした。
悩んでいる訳でも、やる気をなくした訳でもありません。
チャンスを待っていたのです。

チャンス?

そうです、モジュール造りは結構、家族に迷惑をかけます。
かつて私が集中して同時並行で2つのモジュールを製作したのは
単身赴任で名古屋に赴いていたときでした。
24時間、自由でしたからね。

さて、今回のモジュール製作は明日から開始です。
なぜって?
はっはっは
ちゃんと理由があるのですよ。
まあ、その理由はさておいて
コーナーモジュールの製作開始です!!!

<新人のみなさんへ>
モジュール製作の参考にしてください。

【写真】製作イメージの原寸大図面

この通りに製作する保証はありません。
あくまで製作イメージです。

今後、製作の過程をこのHPに掲載してまいります。

製作の詳細は我がブログに掲載していきます。↓

https://blogs.yahoo.co.jp/cowestern2006

 

公開運転会の反省

 投稿者:まるまるた  投稿日:2019年 4月13日(土)23時31分52秒
返信・引用
  私のコレクションの車両、
東武鉄道200系プユマ号が不調で、
ご迷惑をおかけしました。

前もって走行テストをしておけば良かったと
反省しています。
次回、そしてJAMコンベンションには
状態の良い車両を持っていきます。
 

Re: お疲れ様でした

 投稿者:まるまるた  投稿日:2019年 4月 9日(火)22時40分59秒
返信・引用
  はじめての?運転会楽しかったです。
みなさんに助けてもらって
列車が自分のモジュールを
無事走り抜けて行く事が出来ました。
jamまでには自分で納得のできる作品に
仕上げたいと思います。
 

お疲れ様でした

 投稿者:事務局  投稿日:2019年 4月 7日(日)23時04分50秒
返信・引用
  昨日からのKATOでの公開運転会
私鉄車輌メインの運転会でしたが、午後5時、無事に終了いたしました。
お越しいただいた皆様、ありがとうございました。
今回は、我がメンバーが意外にも?私鉄車輌を持っていることが判明いたしました。

さて、次回は6月30日、江東区の施設である「東大島文化センター」で開催します。
次回は身内だけの運転会ですので今回以上にフレンドリーな運転会になります。
この機会に聞きたいことや入会に向けた相談など
お気軽にお声掛けください。

【写真上】なつかしいレオコンテナ。19輌で登場しました。
【写真下】こんなところで3回目の会談が行われていたとは?



 

Re: 公開運転会を開催中!その2

 投稿者:まるまるた  投稿日:2019年 4月 7日(日)05時22分31秒
返信・引用
  新メンバーとして、昔作ったモジュールを手直しして出展しました。いろいろ問題がありましたが、クラブの皆さんがリカバーしてくださりとても感謝しています。jamまでには大幅に改修して望みたいと思います。
ご指導お願いします。

 

公開運転会を開催中!その2

 投稿者:事務局  投稿日:2019年 4月 6日(土)19時12分2秒
返信・引用
  写真の掲載が3枚までなので2回に分けて掲載します。

【写真上】初登場の新メンバーの作品、といっても年季の入った作品の再登場ですけどね
【写真中】熊本城があった場所が災害復旧の拠点に変身?
【写真下】雪景色をつくる宣言!の場所がテッシュペーパーで雪山だと、おいおい
 

公開運転を開催中!

 投稿者:事務局  投稿日:2019年 4月 6日(土)19時05分24秒
返信・引用 編集済
  本日から2日間、KATOの特設会場(2F)で公開運転会を開催しています。
今回はカラフルな私鉄車輌をメインに公開運転をしています。
我がクラブのメンバーはというと、
日頃は国鉄車輌(JRではないんです)が存在感を示しているのですが

みなさん、持っていたのですね、私鉄車輌
「あれぇ、こんなの持っていたの?」
という感じで初見参の車輌が結構ありました。
事務局としては「ななつ星」や新発売の353系などを持参したのですが
登場させる必要がないので持ち帰りましたとさ。

公開運転会の様子を2回に分けて写真掲載します。

【写真上】公開展示の様子(こっちから見た感じ)
【写真中】公開展示の様子(あっちから見た感じ)
【写真下】ヤードに出そろった私鉄車輌
 

浮気しちゃいました

 投稿者:天山鉄道  投稿日:2019年 4月 5日(金)22時51分43秒
返信・引用 編集済
  すみません、つい出来心でした。
絶対にしないと堅く心に決めていたのに...
やっちゃいました、、、 浮気です。

つい、その可愛い姿に心が動き
いけないこととは知りながら
気がついたら手にとっていました。
プロポーションといい、かわいすぎたのです...


ロクハンのキハ52
ずううっと気になっていたのですが
とうとうZゲージ車輌に手を出してしまいました。
今日、ヨドバシから届いたのです。
正直なところ、Nゲージの車輌よりも美しく感じます
細密感が素晴らしいです。

写真のようにかなり小さいですよ。

ということでZゲージに手を伸ばして(浮気して)しまいました。


 

運転会

 投稿者:まるまるた  投稿日:2019年 4月 5日(金)17時33分20秒
返信・引用 編集済
  初めて参加させていただきます。

昔作ったモジュールで
ほこりが払いきれていません、ごめんなさい

よろしくお願いします。
 

ホームページのアドレス変更

 投稿者:事務局  投稿日:2019年 3月24日(日)10時13分47秒
返信・引用
  www.j-trak.net/のURLから当ホームページをご覧の皆様へ

1月21日付けで当掲示板に掲載されました次の書き込みのように
このホームページのURLが変更になっています。
www.j-trak.net/ をお気に入り登録されている方は
3月末で終了になりますので登録変更をお願いいたします。


<1/21掲載の内容>
--------------------------------------------------------------------------
yahooより20193月31日をもってYahoo!ジオシティーズのサービス終了の告知があり
J-TRAKのホ-ムペ-ジを以下のURLに引っ越ししました。

http://jtrak.sa-suke.com/

リンク・ブックマ-ク登録の皆さまにはお手数ですが再設定をお願いします。
----------------------------------------------------------------------
 

撮影してきました

 投稿者:天山鉄道  投稿日:2019年 2月23日(土)13時06分10秒
返信・引用 編集済
  TMSに投稿する小型レイアウトです。
今回は衣類の収納ケースに入れて保管出来るレイアウト
これなら保管場所に困りませんのでどなたでもチャレンジ出来る大きさです。

ということで実は1年前に製作してあったのですが・・・ 放置してありました。
昨年のJAMでしたか、雑誌社の方に何気にしゃべったのを覚えておられ
先日、電話があり「いつ原稿をいただけますか」
ありゃりゃ、こりゃまずい。
ということで急ぎ原稿を用意するとともに写真撮影!
先週、あわてて山梨の秘密基地に出向いて写真撮影をしてきました。
釜無川と神代桜の近辺の景色を借景にしての撮影です。

原稿も同時並行で書き上げ、休み明けに出稿です。
いつ掲載されるか、はたまたボツになるか・・・


 

/8