投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


今夏のJAM会場

 投稿者:事務局  投稿日:2018年 7月 6日(金)09時34分26秒
返信・引用 編集済
  JAM事務局からIDカードなど、開催当日に必要な資料が届きました。
その中に、開催当日の「会場配置図」も入っていました。【写真参照】

出展するクラブとしては、会場内のどのあたりに展示するかは
事前準備、とくに出展作品の展示の向き・配置などを決めるのに重要です。

今回は会場入口から入って右手奥側になります。
我々のさらなる奥側がイベント会場になりますので
トークショーなどを行っているときはちょっとうるさいかも。
でも、展示しながらトークショーなどのイベントをすべて見られるので
退屈?はしないでしょう (^o^)V

今回の出展場所の最大のメリット
(出展者目線でなんですが)
それは搬出入口のすぐそばということです。
これは助かります。
搬入日は冷房がありませんが
この場所なら風も入り少しは涼しいでしょう。

(お客様目線の情報ですが)
今回は飲食業者さんとして「とんかつのまい泉」さんが出店とか。
あの美味しいカツサンド、食べられるようですね。

 ◇おぎのやの峠の釜めし
 ◇まい泉のカツサンド
 ◇松屋の牛丼

3日間のランチタイムは、こんなメニューになりますかね。(^_^)P
 

非公開運転会なのに白塗りゲスト

 投稿者:習志野市民  投稿日:2018年 6月25日(月)19時50分11秒
返信・引用
  非公開運転会なのに、こっちを見ている
会場住人の白塗りゲスト見学者が複数
 

定例運転会報告②

 投稿者:事務局  投稿日:2018年 6月24日(日)22時36分40秒
返信・引用 編集済
  今回の定例運転会は「森下文化センター」で開催。
使用会場は「創作室」。 まさに、我がクラブに最適な会場でしたね。
部屋の中には各種の製作用の機械・工具が置かれており興味津々。
いつかこの部屋でモジュール製作教室を開催したいなんて話題まで。

森下界隈はあの有名な漫画「のらくろ」作者、田河水泡ゆかりの地とか。
ということで、借用した森下文化センター内には田河水泡の記念館もありました。
また、物造りの下町ゆえ、会館内には匠の技を展示した「伝統工芸展示室」もありました。
いつもの船堀の会場とはまた異なり、匠の街、下町は深川の情緒にも触れた定例運転会でした。

ちなみに、今回は参加したメンバーが少なめでしたので
普段とは異なり、持ち込んだ好きな車輌を思う存分楽しむことが出来ました。
また、メンバーの作品の細部まで堪能・観察出来る時間でもありました。
たまにはこのような少人数での運転会も楽しいものです。

【写真上】のらくろ館(中は撮影禁止でした)
【写真中】伝統工芸展示室
【写真下】モジュール「天山寺界隈」にみつけた竹林の道。嵯峨野の雰囲気ですね。
 

定例運転会報告①

 投稿者:事務局  投稿日:2018年 6月24日(日)22時20分11秒
返信・引用 編集済
  はい、本日は定例の運転会でした。
この時期の定例運転会は夏のJAMへ初めて出展するモジュールの事前チェックを兼ねています。
ということで、この時期の定例運転会には最新の作品が持ち込まれます。
本来なら半完成品と呼べる程度に仕上がった作品が持ち込まれるのですが
本日はベニヤ平原の1800mmの直線モジュールでした。

おいおい!

今この状態だと8月のJAMに間に合うんかい!!

ところが、製作者曰く
「大丈夫ですよ、ストラクチャーは別に製作してますから」だと。
いったい、どんなモジュールになるのですかい。

製作者はJAM当日までメンバーにも秘密にしておきたいとのことでしたが
持ち込まれたベニヤ平原を見ると、何やら書き込みが・・・

はっはっは!

ばれちゃいましたね。
あえてここには書きませんが、本日参加したメンバーにはわかってしまいましたぞ。
JAM当日が楽しみです。
こう ご期待!!!

【写真上】本日の展示モジュールの状況
【写真中】初見参の珍しい欧州機関車が走りました
【写真下】これが証拠、「堆肥置場」「草置場」もうおわかりですね
 

(無題)

 投稿者:川鐡  投稿日:2018年 6月14日(木)19時47分30秒
返信・引用
  浦和常磐郵便局の近くの人へ。
二度とするな。
 

出展クラブ名が発表になりました。

 投稿者:事務局  投稿日:2018年 6月12日(火)22時34分9秒
返信・引用
  今夏のJAMに出展するクラブ名が主催者のHPに掲載されました。
全部で56団体ですかね。
我がクラブも当然ながら登録されいています。

各クラブの名前をクリックすると登録した各クラブの活動写真が見られますが
どうも我がクラブのようなシーナリー付きのレイアウトは少なそうですね。
当日の出展は頑張らないといけないようですよ。

JAM出展クラブの状況は、こちらからご覧下さい。


http://kokusaitetsudoumokei-convention.jp/jam2018_mp/
 

便利な線路磨き用具

 投稿者:天山鉄道  投稿日:2018年 6月 3日(日)18時08分16秒
返信・引用
  鉄道模型の運転を楽しむには線路の保守は必須
特に安定走行に線路磨きはとても大切なのです。

線路を磨く方法は各人、アイデアをもって対応しているかと思いますが
百均で今までになかった優れものを見つけましたぞ。
家具の隙間等を磨く道具です。

これまでにも類似のものを見つけて使用していましたが
今回のものが最高です。
なぜなら・・・

・先端の磨く部分が丈夫であること
・先端部分にレールクリーナーを適度に染み込ませられること
・なんと百円で5本も買えること

販売しているのはキャンドゥー ダイソーではありません。
ダイソーにも似たような製品がありますが
3本セットで 磨く部分にレールクリーナーが染み込みません

機能、コスパ ともに優れた製品です。

 

ちょっと手を入れてみました

 投稿者:天山鉄道  投稿日:2018年 6月 1日(金)09時13分7秒
返信・引用 編集済
  最近は以前のように鉄道車両を購入することがなくなりました
というか、「これ、欲しい!!!」
という衝動に駆られる製品がないんですよね。
ほとんどの車輌が出そろったからかな
そうすると新製品は新型車輌のモデル中心となるから、興味、湧かないのでしょうかね。

そこで、買いそびれていた製品の再生産品に関心を抱くことに。

先日、EF5861が再生産されました。
これ、お召し列車の牽引機
オリエントエキスプレスが国内を走行したときにも牽引した機関車
ならば購入しましょ、ということで予約していたものです。

特別な車輌なのでちょっと色入れでもして今夏のJAMに登場させてみるか。
ということで、ネット上の写真でこの機関車固有の色入れ部分を確認し
ステップやはしご、連結器解放テコ?かな
詳しいことはあまりわかりませんので、見よう見まねで色入れ
特にパンタグラフへ入れた赤色は目立ちます。
最後に、運転席の色入れと運転手さん人形の取り付け
やっぱ、運転手がいないと不自然ですからね。


実はオリエントエキスプレス客車に手を加えようと思っていたのですが
車輌数が多くて「そのうちに」ということで手つかず。
でも機関車なら1両ですから、思いつき(気まぐれ)で作業が出来ました。

ついでだから、牽引するサロンエキスプレスの客車
乗客でも載せるかな。


 

訂正、動画リンク先

 投稿者:習志野市民  投稿日:2018年 5月 5日(土)07時48分0秒
返信・引用
  下記ひとつ前、事務局投稿の動画リンク先は
メンバー江戸川区民さん編集ぶんになります。


ゲスト I様の投稿動画リンク先は以下になります。
https://youtu.be/OAjBZQuLZ88
 

見学、ありがとうございました。

 投稿者:事務局・天山鉄道  投稿日:2018年 5月 4日(金)10時56分1秒
返信・引用
  先週末、KATOの特設会場での公開運転会
開場とともに多くの方々に起こしいただきありがとうございました。
運転会の様子ですが、今回もカメラカーをご持参いただいて
その動画をYoutubeにアップしてくださったI様、ありがとうございました。
アップされた動画は下の江戸川区民さんのカキコからご覧いただけます。

さて、今回は通勤電車中心の運転というふれ込みでしたが
年配メンバーは103系以外の通勤型、予想どおりに持っていませんでした。
てなことで、運転会初日はちょっと寂しい限りでしたが
2日目になりやっと車輌たちも集まり出しました。フーー!

そんな中、轟音を響かせて「なんだこりゃーー!」の車輌が。
そうです、事前予告していたプロペラカーの登場です。
動き出しはモーターフル回転!
しかし一旦動き出すと1周約18メートルの楕円コースを疾走していました。
ただ、残念なことに、プロペラが発する風力で走行しているのがわかりづらい
プロペラは飾りでモーターの駆動で走行しているようにも見えてしまいます。
ここいらを今後は上手にアピールしないと、ただうるさい車輌になってしまいます。

【写真上】集まった通勤型車輌たち
【写真中】疾走するプロペラカー「シュワッチ号」
【写真下】さりげなく取り付けられた自作のカーブミラー(ボシミラーではありませんよ)
 

運転会動画

 投稿者:江戸川区民  投稿日:2018年 5月 1日(火)01時06分21秒
返信・引用 編集済
  4/28, 29に開催されました、定期運転会の動画をアップしました。
https://www.youtube.com/watch?v=ZzEWQIEH-Yk

今回はスチル写真を使用しました。
車両の写っている写真がなぜか少ないですが、
ストラクチャのアップ主体で迫っています。

これまで見逃していたシーンが見られるかも。
 

KATOでの運転会

 投稿者:事務局  投稿日:2018年 4月28日(土)23時13分4秒
返信・引用 編集済
  この土日、KATOの2階の特設会場で我がクラブの公開運転会を開催しています。
本日は初日でしたが、朝10時からの設営時間では準備が間に合わず
午後1時の開場の時にはまだ車輌を並べることもままならず。
開場時間に合わせてお越しくださった皆様
大変申し訳ございませんでした。

作業が落ち着いたのは午後3時頃でしたでしょうか。
もし今後も見学に起こし下さるご意思がお有りの皆様
是非、開場2時間後くらいにお起こしいただければ安定走行が観られると思います。
それくらい準備って大変なのです。
自分のモジュールだけならOKでも
他のメンバーのモジュールと接続すると発生するトラブル
意外とあるのです。
いわゆる「独りよがり作業」が露呈するのです。
そんなことも楽しいのがクラブメンバーとの運転会です。
でも見学に来られた方には迷惑な話ですよね。
反省しています。

明日は午前10時から午後5時まで
是非お越し下さい。

【写真上】公開運転会の様子
【写真中】会長製作の電車基地の左側空間 ほぼイメージが出来上がってきましたよ
【写真下】今回は通勤電車。メンバーが高齢なので103系が多い(笑)
 

遊んでます

 投稿者:天山鉄道  投稿日:2018年 4月 9日(月)21時11分48秒
返信・引用 編集済
  おそらく多くのモデラーが製作を考えたことのある車輌
それが「プロペラカー」ではないでしょうか。

先日、ポポンテッタで中古のE2系新幹線の先頭車両をゲット
こんなもの1両だけ買ってどうするのか
はいはい、プロペラカーを製作するのです。

手元にあった廃棄予定の車輌からモーターを取り出し
これをこの新幹線車両のうしろに取り付け
えい! 室内灯も付けちゃいましょう!
プロペラはプラ板にリン青銅板を補強で取り付けました。

車体はアルミシルバーで塗装しましたが、なんか寂しい
そこで下側をネイビーブルーに塗ってみました
まだ寂しい
そこで斜めに赤い塗装を追加したら・・・
なんかウルトラマンを連想させるような姿に!
それなら「シュワッチ号」と命名しちゃいましょう。

肝心の走行ですが、モーターフル回転でノロノロと動き出します
そして、その後はどんどん加速!!!
カーブになると慌てて逆回転にしてブレーーーキ!!!

自宅のレイアウトでは直線距離が短いのでここまでですが
4月28・29日のKATOでの運転会では6mくらいの直線がありますので
どのくらいスピードが出るか挑戦してみましょう!

楽しみです。


【写真上】プロペラカー「シュワッチ号」の勇姿
【写真中】後ろ側から。プロペラの直径は車輌幅の18mm ウルトラマン塗装?
【写真下】疾走するシュワッチ号

http://

 

緊急対応のための作業

 投稿者:天山鉄道  投稿日:2018年 4月 4日(水)21時47分16秒
返信・引用 編集済
  本年度最初の定例運転会で4台揃わないといけないコーナーモジュールが
事前調整の連絡不十分で3台しか揃わないというトラブルが起きました。

でもメンバーの献身的な神対応で臨時のコーナーを製作して難を逃れました。
このとき、「今回のような対応がいつでも出来るようにしておけば・・・」
という神のお告げ?がございました。

さて、その「今回の対応」ですが、

コーナーモジュールの線路部分のカバーにフレキ線路を臨時敷設して対応したのですが
このコーナーモジュールカバーにあらかじめ線路を取り付けておこうというものでした。

そこで今回、このコーナーモジュールのカバーと同サイズのベニヤ板を製作し
これを、このカバーの内側に取り付けました。
もちろん線路だけでなく、線路周辺ににも簡単な造り込みとして草地を演出しました。
この草地は百均の化学ぞうきんで製作したものです。
スポンジ粒だとボロボロととれてしまいますからね。

ということで、このコーナーモジュールの緑色のカバーですが、
いざとなったら裏面を使うことで臨時コーナーモジュールに変身します。
確実に4台必要であるコーナーモジュール不足というリスク対応の作業でした。

【写真上】コーナーの線路部分に緑色のカバーを付けた状態
【写真中】取り外したカバーの裏側(写真下)。 シッカリと線路が3線敷設されています
【写真下】周囲は化学ぞうきんで草地を演出
 

運転会の会場確保ほか

 投稿者:事務局  投稿日:2018年 3月25日(日)21時02分17秒
返信・引用 編集済
  次回の定例運転会はKATO様のご協力をいただき
ホビーセンターカトーの2階、特設展示会場において
通勤電車をメインに4/28-29の両日に公開展示として開催しますが、
その次の定例運転会の会場等が決まりました。

いつもの船堀の会場ではなく
森下文化センターの創作室で行います。
詳しくはこちら↓

https://www.kcf.or.jp/morishita/outline/

この会場は以前、期日前投票の会場として訪れた場所でした。
「あそこ、交通の便がいいから使えるかも」
なんて思い出して予約したのです。

都営新宿線と、都営大江戸線の森下駅下車8分

センター内には漫画「のらくろ」の作家、田河水泡の展示館があります。
ぜひお越しになってご覧ください。(確か無料です)

◆開催日:6月24日(日)公開は午後1時からの予定です。



<話題は変わって>
今夏のJAMに向けてモジュールレイアウトだけでなく車輌にも何か変化を!

新車の導入については、今回はオリエントエキスプレスの走行を目玉にする予定ですので
手持ちの車輌への加工をすることとし、室内灯を取り付けることにしました。
とは言っても、既製品は結構高価なので、手造りで安価に!

最近はそうした製作記事も結構出ていますので、私も苦手な電気工事にチャレンジ!
買いだめしてあったテープLEDを使って製作開始!

とはいっても、そろえるのは「リン青銅版」、「ブリッジダイオード」だけ
これらをつなげれば室内灯完成!(KATO車輌向け)
原価は1車輌あたり50円程度
これならガンガン室内灯を取り付けられそうです。

【写真上】6月の運転会場 森下文化センター
【写真中】自作室内灯を組み立てたところ(ハンダ付けへたくそ)
【写真下】車輌に取り付けたところ。車内を均等に明るくしてくれます



 

テキスト

 投稿者:川鐡  投稿日:2018年 3月 8日(木)22時00分43秒
返信・引用
  トップペ-ジにモジュ-ルレイアウト制作教室 テキストへの
リンクを貼りました。
具体的な工作を実際の例を示しながらわかりやすく解説しています。
興味のあるかたは必見ですよ。
 

カ-ブミラ-

 投稿者:川鐡  投稿日:2018年 3月 4日(日)23時43分10秒
返信・引用
  有名なボシミラ-のパクリです。
住宅地のあちこちに大量設置したかったので
見よう見まねで作ってしまいました。
作りかけ写真のスミに移っているのが本家ボシミラ-です。
 

おしらせ

 投稿者:川鐡  投稿日:2018年 2月23日(金)20時35分1秒
返信・引用
  次回運転会のお知らせです。  

指扇電車基地 保線区

 投稿者:川鐡  投稿日:2018年 2月19日(月)10時55分38秒
返信・引用
  JAMまでにはと突貫工事中です、電車基地西側の保線区が
なんとか形になりました。とりあえずこれで完了とし、東側
の住宅地の制作に移ります。
 

初運転会動画

 投稿者:江戸川区民  投稿日:2018年 2月18日(日)22時03分44秒
返信・引用 編集済
  2/4の運転会の模様を動画に編集してまとめました。
https://www.youtube.com/watch?v=YKhkPbiVGWQ

いかんせん動画編集は初体験、撮影も小型デジカメでやっています。

おまけに当日はエメラルドグリーンの大平原が出現。
本来は空や山がみえるはずのところに、シンゴシラみたいな巨大生物の
一部がチラチラ見えたりしますが、ご愛嬌ということで。
 

好評分譲中?

 投稿者:Mr. W  投稿日:2018年 2月 5日(月)20時16分26秒
返信・引用
  不動産の取扱いも、お任せください、Mr. W です。


1枚目の奥に見える穴はA4サイズの大きさで、外したソーラー発電所のスペースです。
このようなA4サイズ1枚の情景があれば最小単位でもクラブ参加できるので
興味ある方は御問い合わせください。
強烈な分譲地の売込み活動はしていませんので御安心を。


2枚目の画像は、ハプニング造成後の完成区画になります。
メンバーの協力により30分ほどの突貫工事で開通し、脱線は皆無の安定走行ができました。
大きな曲線区画900*900も分譲中ですが、基本型の直線区画900*600も絶賛分譲中です。
 

初運転会

 投稿者:事務局  投稿日:2018年 2月 5日(月)10時45分18秒
返信・引用 編集済
  新年を迎え、昨年の活動を振り返り
そして新たな活動を開始するため総会を開催しました。
併せて、せっかくメンバーが集まるのですから「初運転会」も行いました。

昨年6月以来という、久々の「タワーホール船堀」での運転会
今回もプラレールからの卒業を期待するご家族連れなどの見学もあり
例年のことではありますが、小規模な定期運転会となりました。

ところがところが・・・

メンバーのPCが故障中ということも重なり
連絡がうまく徹底出来なかった結果、
コーナーモジュールが4台そろわないというハプニングが発生!!!

「あれぇ、ここはだれのコーナーモジュールなの?」

ジャジャーン!

周回線路が組めません。 ありゃまぁ、どうしましょ。
「いいじゃん、往復運転も面白いよ」
「いやいや、やっぱ周回運転でしょ、線路さえあれば・・・なんとかなる」


ということでメンバーのMr.Kが「アキバのIMONで買ってくるぅぅぅ!
と会場を飛び出して秋葉原へ ! 神対応です!

昼頃に戻ったMr.Kが持参したPECOのフレキシブル線路をコーナーモジュールのカバーに取り付け
はい、簡易コーナー線路が出来上がり、午後からの公開運転では周回運転が出来ました。

何があってもあきらめずアイデアで克服するクラブなのです。

ちなみに、この緊急工事は
ハウジングメーカー勤務のリフォームのスペシャリストであるメンバーMr.W氏が
仕事でもないのに?手際よく作業を行ってくれました。
(Mr.K氏とMr.W氏に感謝です)

ところがところが・・・

ねぇ、この線路カバーにレールを取り付けておけば、今回みたいに緊急対応出来るんじゃないのぉ
頭っまいいじゃん!! よっ座布団1枚!

そうです、コーナー線路部分のカバー板を丈夫なベニヤ板製にし
そこに線路だけ取り付けておけば緊急時には緊急コーナーモジュールとして使えますね。
今回は養生シート(写真の緑色のもの)のカバーを下に敷いて緊急対応しましたが
これをベニヤ板製にして線路を取り付けておこうというものです。

転んでもタダでは起きない連中のアイデアでした。
早速、事務局で対応することにします。

てなこんなで、波乱の初運転会でした。
次回は4月下旬頃に開催予定です。


【写真上】コーナーの1ヶ所を緊急対応した状態
【写真中】事務局の呼び掛けに呼応して「四季島」が2編成登場しました
【写真下】アメリカで話題のミルウォーキーのハイワッサも走りましたよ

http://

 

届いていました

 投稿者:事務局  投稿日:2017年12月30日(土)16時46分56秒
返信・引用 編集済
  今年も明日を残すだけとなりましたが
この1年間は、定例会場のタワーホール船堀よりも多く開催させていただいたのが
ホビーセンター カトー の展示スペース
おかげさまで、これまでとは違った方々に公開展示をご覧いただけました。
また、展示の際にはDCC限定ではありましたが運転体験もしていただきました。

来年度はどのように活動するかは年明け早々の総会で決定いたしますが
来年度も最大の公開運転になるのが夏のJAMでしょう。
オリンピック準備の関係から翌々年度以降がどのようになるかはわかりませんので
来年度は頑張って展示参加することになると思います。

さて、今夏のJAMの開催状況をまとめた雑誌が発行されました。
参加した我がクラブにも送られてきましたが
既にこのHPにアップしていたと思っていたら・・・ まだでした。
ということで年末ギリギリで、その雑誌の表紙と、わがクラブの掲載紙面を
ちょっとばかりご披露します。
そう、会場で撮影された集合写真なんかも掲載されちまいました、とさ。
ご笑覧ください。

ひとり言:
会場でお会いした、表紙にも登場の前原さん
このときはとても楽しそうでした。
その後に波乱の出来事が待っていようとは・・・



 

(無題)

 投稿者:川鐵  投稿日:2017年11月24日(金)23時45分54秒
返信・引用
  雪景色いいですね。楽しみです。  

なんかムズムズ

 投稿者:事務局・天山鉄道  投稿日:2017年11月24日(金)11時44分49秒
返信・引用 編集済
  まずは事務局としてのご連絡

次回の公開運転会ですが
来年の2月4日(日)に、久しぶりにタワーホール船堀で開催します。
公開は午後1時からとなります。
なお、今回は運転会終了後に総会を開催しますので
公開時間は4時頃までになるかと思います。
詳細が決まりましたら再度ご案内いたしますが
とりあえず公開運転会の開催日のご連絡です。
ぜひお越しください。

さてと、
我が天山鉄道としての個人的な製作作業ですが
なんか変わったモジュールは出来ないか検討中なのですが
最近、公開運転会に持参されることが少ない、我がクラブのメンバーの作品「凍てつく鉄路」
そうです、雪景色のモジュールです。

私も雪景色を製作してみたくなっているのですが、
違いを出さないとカブリますので
豪雪の状態ではなく雪解けの春が近いイメージに出来ないか
ということで枯れ草が見え始めている雪景色はどうだろうかと。
そこで科学ぞうきんを枯れ草色に塗装し
そこに雪の材料を固着させたらどうなるかな?
はい、写真のようになりました。
実際は写真よりもリアルな感じに仕上がっています。

ムズムズ

そうです、製作意欲、製作イメージが膨らんできましたぞ。
雪景色ですので、製作を開始したら完成(公開)は早いかも。
でも雪解けの情景、一歩間違うと、こっきたねぇ情景になる危険性あり。
よくよく、どのような情景にするかしっかりと検討しないと。

【写真】右側が残雪の再現。 左側は枯れ草のみの状態

 

毎回いろいろ

 投稿者:川鐵  投稿日:2017年10月24日(火)20時53分31秒
返信・引用
  カト-運転会でのトラブル関係対策です。
給電スイッチとポイント切り替えスイッチを全交換しました。
私の買ったトグルスイッチは同じ物を使って大失敗した先輩の
助言を受けて国産のメ-カ-保証の付いている物に交換しました。
現象としてはスイッチが入りっぱなしになってしまう事です。
トグルスイッチの不良だったとは、まったく疑ってなかったので
ショックでした。
しかし、トラブルもまた楽しですね。
DCCトラブルのほうは 解決しましたか、運転主任さん。
 

動画がアップされました。

 投稿者:事務局  投稿日:2017年10月17日(火)14時10分56秒
返信・引用 編集済
  先週末の10月14、15の両日にホビーセンターKATOの特設会場で公開運転会を開催いたしました。
初日の午後1時、間仕切りのパーテーションを開けた時
既に大勢の方が開場をお待ちでした。
そんな見学者の皆さんの中にカメラマンの岩田様もいらっしゃいました。

今回はDCC運転を希望されてのご来場!
運転対応の準備に時間がかかってしまいましたが
しばしお待ちいただいた後、無事にDCC運転を行っていただき
その際にカメラカーでの撮影もしていただけました。

その車載カメラで撮影いただいた映像は翌日、再訪いただいて頂戴いたしました。
さらに、そのダイジェスト版を Youtube にもアップしていただきました。

こちらからご覧いただけます。是非ご覧ください。↓


https://www.youtube.com/watch?v=KmeP1XUB0MU

 

KATOでの定例運転会

 投稿者:事務局  投稿日:2017年10月14日(土)23時34分9秒
返信・引用
  もう恒例になってきましたKATOでの運転会
今回はKATOの特急車両を中心に運転展示させていただきました。
KATOの50年の歴史を飾る数々の車両の中、
特に特急車両はどうしても欲しくなるアイテムでした。
今回は国鉄時代の車両からJR,そして海外の車両も各種展示しました。

今回の目玉はなんといっても長さが5400mmの電車基地
写真のようにフル編成の車両でもスカスカな状態です。
こんなに余裕のある情景は一見の価値ありですよ。
天気があまりよくありませんが10/15(日)も午後5時まで公開運転しています。
ぜひ、足を運んでください。

【写真上】公開運転の様子。 KATOでお買い物を済ませたお客様が来られます
【写真中】全長5400mmの電車基地を眺める
【写真下】全線を埋めるのも一苦労な電車基地。反対側から
 

ポイント対策

 投稿者:川鉄  投稿日:2017年 9月 6日(水)07時21分38秒
返信・引用
  JAMで発生したトングレ-ル部分での接触不良による電気トラブル対策として
リ-ドレ-ルへの開方向の極性を強制通電させる配線をモジュ-ル西側に
追加しました。
亀さんマシンにはポイントの開方向に応じた極性の電気を供給できる回路が
内蔵されているので比較的らくに出来ました。
これでBタンクロコでもスム-ズなポイント通貨が可能になりました。
なんでもっと早くしなかったって?
トングレ-ルからの給電で十分だろうと思ってたのですが、思ったより汚れが
激しく、dccではかなり汚れていてトングレ-ルの清掃頻度が多かったです。
今回の対策でトングレ-ルは車両の方向制御だけで電気的な役割からは解放されています。
10月のカト-の運転会で効果を確認してください。

 

JAM報告②

 投稿者:事務局  投稿日:2017年 9月 4日(月)23時28分25秒
返信・引用 編集済
  今回の展示を違った方向から見てみましょう。

【写真上】この紅葉の絶壁はJAM会場でも異彩を放っておりました。 圧巻!!!
【写真中】電車基地を反対側から びゅーー! したところ
【写真下】開催2日目の夜、錦糸町で中華食べ放題+飲み放題で暑気払い。喰ったぞ!
 

/5