スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:22/186 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

【モジュールを作ろう】 No.11

 投稿者:江戸川区民  投稿日:2018年 9月 2日(日)00時50分40秒
  通報 返信・引用 編集済
  2作目のモジュールをプランニングしていきます。

今は昔、まだ日本国内で「鉄道模型」といえば車両工作を指していた時代、「レイアウト」は板の上に
とにかくレールをグルグルと沢山引き回すのが普通でした。

そうしてできたトラックプランに、駅とか山とかあとからむりやり隙間に埋め込むという感じでした。
イメージとしては、子供の遊んでいるプラレールの趣き。

「鉄道模型趣味(TMS)」のミキストで山崎喜陽さんが、シーナリーつきのレイアウトのプランを作ったら、
そこから線路を消してみろという趣旨のことを啓蒙していたのは、そのころのことかと思います。

レイアウトというのは、要素(山とか川とか建物とかもろもろ)をいかに組み合わせたり並べたりして
いくかということ。

とくに、最終的にどのような風景が誕生するかというのは、結局のところ作ってみないと判らないので
すが、事前に大体の景観は自分なりに把握しておく必要があります。

具体的な方法としては、

 1.スケッチ画を自分で描いてみる
 2.建物や構造物のモックアップを作って、実際に並べてみる
 3.VRMなどシミュレーションソフトを使って検証する

などの方法があります。

一番簡単なのは1.の方法です。モジュールレイアウト製作教室テキストにも、"イメージスケッチが
あると細部まで具体的な形が把握できます" なんてことが書かれてます。

とにかく鉛筆画でいいので絵を描いてみると、自分が思い描いていた風景が具体化します。また、意外と
その中に、埋められない空き地が残ったりするものです。レイアウト製作を始めてしまってから、さて
ここはどうしよう?というのではちぐはぐな風景ができてしまったりしますので、事前に風景のつながり
や、限られた面積にどう押し込むかということを良く考えておく必要があります。

ただしスケッチ画では、正確な面積やスケールが判りにくいということがありますので、特にストラクチャや
大型の構造物を設置するのであれば、紙やダンボールで簡易なスケールモデルを作って実際に設置してみて、
設置の位置、全体の中での大きさのバランス、他の構造物との重なりや連携を確認するのが良いかと思います。

3.はパソコンのソフトウエア上で、トラックプランをもとに、高低差をつけた地形を造成したり、スト
ラクチャを貼り付けたりして仮想空間上に自分のレイアウトを構築し、そこを走る列車をいろんな角度から
眺めてみることができます。

レイアウトの視覚的な設計を考えると、かなり有効なツールだと思います。
くわしくは下のHPを覗いてみてください。

 VRMovies別館「VRMからNゲージレイアウトを作ってみよう」
 http://www.nodus.ne.jp/ghost/vrm-n/

特に、下の本にはレイアウトの視覚設計論が色々と書かれており、列車の走る風景を如何に構築するか
という点で、非常に示唆にとんだ内容となっています。できれば、一読をお勧めします。

 鉄道模型シミュレーター レイアウト設計入門
 http://www.kohgakusha.co.jp/books/detail/978-4-7775-1324-6

今回は、とりあえず1.のスケッチ画を描いてみました。

 
》記事一覧表示

新着順:22/186 《前のページ | 次のページ》
/186