投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


ちょっくら見てきました

 投稿者:天山鉄道  投稿日:2019年 2月12日(火)17時00分18秒
返信・引用 編集済
  10日ほど山梨の秘密基地に籠もっておりました。
まあ、いろいろとやることがあったのですが
滞在中のとある日、
日本最大級と豪語する?レンタルレイアウトを見てきました。
その大きさは7mx14m むむむ さすがにデカイぞ

なんでも1周が80mとか
まてよ、スケール速度で走行したら10分?
なんか長すぎますよね

「お~~い、早く帰って来~~~い!!!」

私なんか気が短いから、叫びそうです。


模型店の名前は「レールパル351」
身延線の鰍沢口駅から2kmくらいか、富士川沿いの国道52号線に面したお店です。
(秘密基地のある竜王からは車で40分くらいでした)
店主さん手造りのレイアウトのようですが
その大きさには圧倒されました。
でも運転を楽しむには「適度な大きさ」があるように感じました。
運転する時の視界、視野の中で完結したいですね。

【写真上】お店の外観 駐車場が10台くらい有り
【写真中】日本最大級のレンタルレイアウト
【写真下】今回、甲斐駒ヶ岳を借景として撮影した小型レイアウト



 

次は山梨でお花見会

 投稿者:天山鉄道  投稿日:2019年 2月 5日(火)22時49分46秒
返信・引用 編集済
  今回、懇親会に使ったお店は山梨の秘密基地の近くにあり、コースではなくアラカルトで注文する料理が美味しいのです。
山梨のお花見は4月上旬頃でしょうかね。
次は富士山を眺める温泉に浸かりながら春を堪能しましょう?
 

良かった

 投稿者:川鐡  投稿日:2019年 2月 4日(月)16時26分58秒
返信・引用
  銀座で宴会、所場台を考慮すると料理は期待して無かったのですが
ところがどっこい、大満足、都内の宴会で一番満足できました。
幹事さんありがとう。
 

総会という名の懇親会

 投稿者:事務局  投稿日:2019年 2月 4日(月)07時23分4秒
返信・引用 編集済
  どちらのクラブでもこの時期
総会なんか開いているのではないでしょうか
かく言う我がクラブも1月末が理想なのですが
そこは細かいことは言わず、みなさんが集まれる時期
ということで昨日、総会を開催いたしました。
開催場所は、なんと銀座五丁目の某所
なんとまぁ豪勢なこと。

いやいや、総会に引き続き新人さん歓迎の懇親会も開催するため
個室が利用できるお店ということ
それと同じ料金なら銀座がいい
そうです、上野でもアキバでもよかったんです。
同じチェーン店ですから。

総会は呑み放題のビールが出てくるまでの数分間の勝負
事務局と会計がペラペラペラ~ っと饒舌に説明し
「よござんすか」
と皆さんに承認をいただくときには、もう手には生ジョッキが。

「異議なし!」

のことばをいただき、引き続き会長殿の挨拶と乾杯の音頭

「はい、ではカンパイ!!!」

なんとも簡潔かつ迅速な対応であります。

まあ、本当のご意見、ご要望は、その後、呑みながら出ましたけどね。

今回は新規入会者3名の歓迎懇親会でしたが
インフルエンザやご家庭の事情などで新人さん1名を含む9名の参加
なかなか呑み放題の元が取れない年齢になってきましたが
定められた時間を超過して店を出たあと
皆さん、銀座の街に消えていきました。とさ。

【写真上】懇親会で食べまくった牛肉鍋 生卵が欲しかった
【写真下】改装のためしばらく閉店する銀座天賞堂
 

追加の情景アイテム

 投稿者:天山鉄道  投稿日:2019年 1月29日(火)13時10分36秒
返信・引用 編集済
  雪景色のコーナーモジュールを製作する準備中ですが
先に掲載した除雪関連車輌に続き、追加アイテムが揃いました。

今回の目的は雪景色の情景演出のためのアイテム確保です。
前回掲載したアイテムは、まさに除雪関連車輌たちですが
今回は、その除雪風景をよりリアルにするためのグッズです。
その目玉はというと、「ヤマザキのトラック」です。

以前、大雪のニュースで
雪に閉じ込められた車輌の中にヤマザキのトラックがあり
大雪の中で立ち往生した他の車の運転手さんたちに
輸送中のパンを配ったという、神対応の感動物語
ご存じの方も多いと思います。

こういう感動話はぜひ再現しようと言うことで
Yahooオークションで見つけて確保しました。
まあ、パンを配る情景を作る所まではしませんが(除雪中ですので)
せめてヤマザキのトラックは並べてやろうということです。

このほか、LEDの光り物ですが
これはクリスマス関連の百均グッズ
安くて面白いものが結構あるんです。
今回は、点滅球、ろうそくのような点灯球、
そして七色に自動変色するガラス製のクリスマスツリー
占めて324円!

2月の声を聞いたら製作を開始しますかね。


 

定期運転会日程のお知らせ

 投稿者:事務局  投稿日:2019年 1月24日(木)13時57分26秒
返信・引用 編集済
  新年度を迎え、クラブとしては総会の開催を控えていますが
新年度の活動初めとして、
第1回の定例公開運転会の日程が決まりましたのでお知らせします。

◇開催日程:2019年4月6日(土)午後1時から5時
           7日(日)午前10時から午後5時

◇開催場所:ホビーセンターカトー 2階会議室エリア


今回もKATO様のご協力をいただき開催することになりました。
あえて春休みの時期に設定しましたので
ぜひ多くの方々の見学をお待ちしています。
なお、今回のテーマは「華やかな私鉄車輌たち(仮称)」です。

とは言いつつも、当然ながら「ななつ星」も走らせちゃいますけどね。
 

引っ越し

 投稿者:川鐡  投稿日:2019年 1月21日(月)10時07分19秒
返信・引用
  yahooより20193月31日をもってYahoo!ジオシティーズのサービス終了の告知があり
J-TRAKのホ-ムペ-ジを以下のURLに引っ越ししました。

http://jtrak.sa-suke.com/

リンク・ブックマ-ク登録の皆さまにはお手数ですが再設定をお願いします。
 

題材が整いました

 投稿者:天山鉄道  投稿日:2019年 1月15日(火)09時44分40秒
返信・引用 編集済
  今夏のJAMに向けて準備をしていたのですが
ネットオークション、秋葉原を徘徊しての捜し物
こうした努力が実り、やっと必要なアイテムが整いました。
これらすべてが除雪作業を演出する車輌たちざんす。

今回、製作をたくらんでいるのは雪景色

モジュールレイアウトの形態はコーナー
これが出来上がればコーナーモジュールが
私関連のモジュールだけで4台揃います。
直線モジュールは新人さんらに任せ、私はコーナーで頑張りますぞ。

今回は雪景色の製作ですが、雪の下ではなく水面下で行動し
他のメンバーにも協力してもらえることになりましたので
コーナーモジュールがもう一つ雪景色化されます。(おそらく雪原風景かな)
そして、すでに「凍てつく鉄路」という
素晴らしい雪景色の直線モジュール所有者もいますので
これらを組み合わせると
じゃ~~ん!

コーナー + 直線1800 + コーナー となり
JAM出展の際、展示レイアウトの一方向が雪景色で統一
線路長にして、約4mが雪景色になることでしょう。
あのくそ暑いビックサイト内に涼気を送り込むのです。
ふっふっふ

【写真】除雪作業を演出する車輌たち
 

メリケン国でも販売加速?

 投稿者:天山鉄道  投稿日:2019年 1月13日(日)09時58分24秒
返信・引用 編集済
  アメリカタイプのレイアウト製作をしていた頃
アメリカ型の車輌やレイアウト用品を購入していた
コロラド州のデンバーにある模型店のホームページ
今でも時々覗いているのですが
最近はKATOだけでなくTOMIX製品の販売にも力を入れ始めた様子。

ここをご覧下さい。↓

https://www.nscalesupply.com/Newsletter/CurrentNewsletter.html

ジオコレの中でアメリカでも販売可能と思われる製品が紹介されています。

注目すべきは、その販売価格です。
日本と比べて法外な価格設定をしていません。

逆に日本で販売されるアメリカ製品は現地の倍以上は当たり前。
アメリカは発送時の梱包が雑なのでロスが多く
その分を価格に反映させているとお店の人が言っていた
でも私がこの店から何回も購入していますけど梱包は完璧!
高価格の言い訳かい?

レイアウト用品などは興味深いものが多々あります
そのうちに希望をまとめて取り寄せますかね
個人だと送料負担が大きいけれど
クラブ単位で希望商品をまとめれば気楽に購入できます。
こういうこともクラブに入会するメリットですね。
 

腹が立つんですよね

 投稿者:天山鉄道  投稿日:2019年 1月10日(木)18時02分48秒
返信・引用 編集済
  レイアウト製作に必要なストラクチャーですが
自動車は情景演出に重要なアイテムです。

道路を演出する時のように「なんでもOK」的な時はよいのですが
ある特定の情景を演出したいとき「かんべんしてよぉ」
ということがあります。
それは欲しい車が他の車とセットになって販売されているときです。
今回は大型のダンプカーが2台欲しかったのですが
なんと、売られているのはミキサー車とのセット販売商品
なんでやねん!

多くの場合、同じ車を何台かそろえたいということがあるはず
今回のようにダンプカーをそろえたいと思ったら

「今、ダンプカーを買うとミキサー車が付いてきますぅ!」

やめてくださいよ、こういうセット販売
ほんと、腹が立ちます。
でもここで くじけない、くじけない
そんな商売に振り回されるような私ではありません。
「それなら改造をしてやるぞ」

ということで、ミキサー車をダンプに改造してやりました。
これで1セットで2台のダンプが手に入りました、とさ。
ふっふっふ

【写真上】購入した2台セット
【写真中】ミキサー車の下半分を活かし、プラ板でダンプに改造
【写真下】車体を濃緑色に塗装して完成

 

JAMの記録

 投稿者:事務局  投稿日:2018年12月28日(金)18時25分6秒
返信・引用 編集済
  本日、JAM事務局から恒例のJAM開催報告記念本「公式記録集」が届きました。
毎年、確実にこの時期に届くところなんか、
開催事務局の「い~いもん」さんのシッカリとした仕事ぶりがうかがえます。

この分厚い本の中、我がクラブの掲載は半ページだけ
すべてのクラブが同様な掲載ですから
我がクラブも同等に扱われたと言うことです。

さて、その掲載内容ですが、峯会員の牧場モジュールが中心に掲載されました。
やっぱ、新作が選ばれますよね。
メンバーの皆さん、来年は新しいモジュール、作りましょうね。

この書籍ですが、毎度のことながら総会時に希望されるメンバーに差し上げましょう。
今回は総会後に懇親会ですので、酔った勢いで「持ってけ~~!!!」
ってやっちゃうかも。呑み放題ですから。

今年のテーマは北海道でしたが
来年は東京とのことです。
オリンピックを前にして東京ムードを盛り上げるんでしょうね。

【写真上】本の表紙
【写真中】我がクラブの掲載ページ
【写真下】裏表紙の次回の開催案内
 

お星様が入線しました

 投稿者:天山鉄道  投稿日:2018年12月27日(木)20時33分22秒
返信・引用
  我が家のレイアウトに待望のお星様が入線しました。
お星様の名前は北斗七星、違った「ななつ星」です。

車体の色があずき色とでも申しましょうか、かなり暗いので
アルファコンチネンタルで経験済みでしたので
レイアウト映えしないと思っていましたが。。。やっぱ暗いですね。

ただ、ピッカピカの光沢塗装ですので光が当たると綺麗です。
明るい中での運転がベストだと思いますが
乗客を乗せる予定ですので室内灯も付けます。
運転会では注目を集める車輌にしてまいりますぞ。

【写真上】レイアウト上のななつ星
【写真下】後ろで併走するのは○光仮面か?
 

見てきました、トラバーサー

 投稿者:天山鉄道  投稿日:2018年12月21日(金)12時02分56秒
返信・引用 編集済
  大人の事情?で断れなく見学に行ってきた三河島水再生センター

この名前ではわかりずらいですね。三河島汚水処理場です。
ここを見学に行った後、近くの都電荒川車庫も見学させていただきました。

この見学会が東京都下水道局が主催でしたので
同じ東京都の交通局の施設見学ですから特別待遇?
普段はあまり見学させていただけないトラバーサーを動かしてくれました。
また、平日は閉鎖している「都電おもいで広場」も特別に開けて見学!

荒川車庫の中には懐かしい6000系や7000系も見ることが出来ました。

しかし、6000系はビューケルが曲がり動かない
というよりも車内が倉庫状態(あんまりです)
7000系は1輌を除いて2輌が解体待ち
高校時代、6000系と7000系で通学した者として、あまりに寂しい光景でした。

そんな中、特別にトラバーサーを動かしていただけました。
ただ、停止位置は運転者の感で対応とのこと。
そんなんでいいんかい? って思いましたが
よく見ていると、位置合わせのマーク線が引かれており
それで位置を定めているようです。
やっぱ都電は職人の、匠の世界が残っているようです。

ちなみに、都電荒川線は 「東京さくらトラム」 と言うそうな。


トラバーサーの動画はこちら↓
https://youtu.be/wfoRT5znsAo

【写真上】トラバーサー
【写真中】6000系と7000系
【写真下】PCCカー(中に入れます)

 

予告掲載?

 投稿者:天山鉄道  投稿日:2018年12月 3日(月)23時29分38秒
返信・引用 編集済
  本日、Yafooオークションでゲットしたロータリー除雪車が届きました。
金額が安かったので、最も安い定形外郵便でお願いしたのですが
予定よりもちょっと到着が遅かったので、あれれれ・・・・
でも本日、ポストに無事、投函されていました。
ゲットしたのはこれです【写真】


何でこんなものをゲットしたのか。
ふっ、ふっ、ふっ
当然ながら目的があるからですよ
ではどんな目的?
除霊車、違った、除雪車ですよ、もうわかるでしょ。
真夏の酷暑期間に開催されるJAM
その会場に涼気を送り込むのです。
他にも100均である物を購入しました。
必要な素材をまずゲットし
その後、一気に製作を開始します。

ということで来年のJAM出展の事前予告でした。

【写真】別パーツを取り付け、色入れを済ませたロータリー除雪車

 

公開定例運転会

 投稿者:事務局  投稿日:2018年11月26日(月)13時35分25秒
返信・引用
  勤労感謝の3連休中の11/23、24の両日
KATOの2階会議室をお借りして
貨物列車を中心とした公開運転会を開催いたしました。
今回も開場時には多くの方が待っていて下さり
その人数も開催を重ねるたびに増えてます。
とてもありがたいことです。
お越し下さった皆様、ありがとうございました。

また、今回も車載カメラで動画を撮影して下さったIさん
毎度のことながらありがとうございます。
撮影していただいた動画はこちらのYoutubeにアップされています。
ご覧下さい。↓

https://www.youtube.com/watch?v=EUaFbXKrf4Y&feature=youtu.be


今回は会期中に3名の方が我がクラブに入会されました。
今後は、こうした新メンバーの作品も展示されていきます。
ぜひご期待ください。

<入会を検討されている方へ>
今なら同期のメンバーが3名います。
この機会に思い切って入会されてはいかがでしょうか。
同期入会者がいるということは、入会後も心強いですよ。

【写真上】食い入るように見入るジュニアたち
【写真中】貨物列車も国際的でした
【写真下】来月発売の「ななつ星」のサンプルも展示されていましたよ

 

定例運転会開催中!

 投稿者:江戸川区民  投稿日:2018年11月23日(金)22時39分28秒
返信・引用 編集済
  本日の定例運転会には大勢のみなさんにお出でいただきました。
明日は、10時~17時に公開しています。
是非足をお運びください。

詳細はこちら
http://www.katomodels.com/hobbycenter/blog/tokyo/000585.php

http://www.katomodels.com/hobbycenter/blog/tokyo/000585.php

 

明日から定例運転会

 投稿者:事務局  投稿日:2018年11月22日(木)17時40分57秒
返信・引用
  明日から2日間、KATOの2階で公開運転会を行います。
明日の午前中は設営となりますので、公開は午後1時からです。
公開運転会中はDCC運転に限り持ち込み車輌での運転が出来ます。
ぜひお越し下さい。明後日は10時~17時となります。

今回は貨物列車の運転をメインに行う予定です。
線路が3線ありますので、貨物が2線、その他の車輌が1線でしょうかね。
ぜひお越しください。

会場では入会希望者の受付なども行います。
この機会に「仲間と楽しむ鉄道模型」をご検討ください。
新たな楽しみ方がみつかると思いますよ。

 

【モジュールを作ろう】 No.19

 投稿者:江戸川区民  投稿日:2018年11月 6日(火)22時13分15秒
返信・引用
  取材に行こう 3

関東には天井川のような鉄道が川のしたをくぐっているところはないのかと
思ってさがしたところ、ありました。

ただし、川ではなく上水。

京王井の頭線は明大前駅をすごたところで玉川上水の下をくぐります。

現在は送水管が渡してあり上水の流れはわかりませんが、鉄道4線分
作られた橋脚の下を、井の頭線のカラフルな電車が走っています。


【写真上】吉祥寺川から見た上水の橋脚

【写真中】明大前の駅跨線橋から見た上水の橋脚

【写真下】上水公園の説明書き

 

オレの秘密基地

 投稿者:天山鉄道  投稿日:2018年10月31日(水)00時01分44秒
返信・引用 編集済
  9月末に山梨県の甲斐市、JR竜王駅近くに秘密基地を設けました。
ここで好きなことを思う存分楽しむのです。
ということで、マイカーで必要な荷物を運びこみ
足りないもので値のはるもの(冷蔵庫と電子レンジ)は
Yahoo オークションでタダ同然で確保して基本準備が終わりました。
これからは春夏秋冬の季節を目一杯体感したいと思っています。

ところで、なぜ山梨? 竜王?
実物の鉄道を楽しむのに格好の場所だからです。
特に竜王駅は山梨で唯一の貨物駅なのです。
ホームの奥側にはタキ1000が溢れかえっていますし
逆にホーム手前側にはコキ106がコンテナを運んできます。


牽引機はEH200 そう、ブルーサンダーですよ。
コキとタキを併結して神奈川の根岸から高速貨物としてやってきます。
もちろん「あずさ」や「かいじ」がガンガン走ってきますので
いくら観ていても飽きません。
もう少し落ち着いたらメンバーにも声を掛け
お気に入りの富士山の見える「ほったかし温泉」行きますかね。

【写真上】秘密基地から観た霊峰 富士山
【写真中】JR竜王駅に到着した高速タンカー貨物(EH200)
【写真下】疾走するE353系のスーパーあずさ

 

次回運転会のお知らせ

 投稿者:事務局  投稿日:2018年10月11日(木)13時00分39秒
返信・引用
  次回の定例運転会はKATO様のご協力をいただき
KATOの2階特設会場で開催します。
ホビーセンターカトーのホームページに
運転会の開催案内が掲載されていますのでご覧下さい。



www.katomodels.com/hobbycenter/blog/tokyo/000585.php

今回は貨物列車の運転をメインに開催いたします。
ぜひお越し下さい。
 

【モジュールを作ろう】 No.18 つづき

 投稿者:江戸川区民  投稿日:2018年 9月17日(月)23時29分10秒
返信・引用 編集済
   【写真上】異なる形態の桁を支持する橋脚部分
      手前がH鋼タイプ、奥が函形鋼材タイプ

 【写真中】桁の構造体の高さが異なる場合は、橋脚部分で高さを調節する

 【写真下】黒い車の先あたりで桁の構造が変わっているが、道路を走る車からは
      全くわからない


  
 

【モジュールを作ろう】 No.18 つづき

 投稿者:江戸川区民  投稿日:2018年 9月17日(月)23時19分36秒
返信・引用 編集済
   取材に行こう 2(つづき)

 先に観察した橋梁は、片側2車線の歩道付きでかなり立派な作りで幅も広いですね。
 ただ、今回製作するモジュールにはちょっと大げさすぎるので、

 清砂大橋から地上に降りる取り付け道路を参考にしたいと思います。

 この大橋では、歩道は土手のところから道路とは分かれてストンと地上に降りる構造に
 なっており、車道は上下線が別々に2車線ずつに分かれた構造となっています。

 この取り付け道路の作りを参考に、モジュールの橋梁をデザインしてみようと思います。


 【写真上】鋼材を函形に組んだ構造で全体を支える。上に波板を貼ってその上に道路を
      載せる構造。カーブでもかなりのスパンを渡すことができる。

 【写真中】構造を下から見上げたところ。函の大きさは道路幅の半分くらいか

 【写真下】H鋼を4枚使った構造材。鉄道橋のデッキガーターを同じような構造
      基本的に直線部に用いている

 

架線柱

 投稿者:川鐡  投稿日:2018年 9月17日(月)23時17分12秒
返信・引用
  市販の架線柱はトラス部分が一体成型となっていて電車基地のような林立する場合には
重たく感じてしまいます、写真はレ-ザ-カッタ-で自作したトラス部分です。
まだモジュ-ル中央部分に使う量しかできていませんが。
 

【モジュールを作ろう】 No.18

 投稿者:江戸川区民  投稿日:2018年 9月17日(月)22時38分16秒
返信・引用 編集済
   取材に行こう 2

 橋梁の構造を観察しに、近くの荒川橋梁に行って来ました。

 時代によって、橋の材料や構造は大きく変わってきていますね。

 昭和の時代の橋は、H鋼を基本にしてそれを複数枚並べて上に道路を通すタイプが基本ですが、
 橋桁のスパンが長い場合は鋼材をトラスに組んで構造的に力を分散させるようになっていました。

 平成の時代になると、鋼材を箱状に組んで長いスパンを渡すものが多く見られるようになったのと、
 鋼材がやや減って、PCコンクリートで作ってしまう橋が増えているようです。

 工期の短縮とか、保守を考えると、このように作り方が変わってきたものと思います。

 今回PCコンクリート橋は取材していませんが、「江島大橋」のようなクレイジーな作例も日本には
 ありますので、参照されてください。
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B1%9F%E5%B3%B6%E5%A4%A7%E6%A9%8B


 【写真上】東京メトロ東西線に並行して荒川河口付近に掛かる「清砂大橋」は平成13年竣工
      荒川側は斜張橋だが、手前の中川の上は通常の箱桁橋。橋桁スパンは100m程度。
      ちなみに、上を跨いでいるのは首都高速中央環状線

 【写真中】さらに河口側、国道357号線の「荒川河口橋」は平成6年竣工の連続鋼床版箱桁橋。
      橋桁のスパンは150mくらいある

 【写真下】右のトラス組みが首都高湾岸線の「荒川湾岸橋」。昭和50年竣工のゲルバートラス橋。
      一番左に見えるのが、昭和の時代に作られた京葉線の「荒川橋梁」

 

【モジュールを作ろう】 No.17

 投稿者:江戸川区民  投稿日:2018年 9月16日(日)18時37分32秒
返信・引用 編集済
   モックアップの製作4

 前回製作した道路のモックアップは、ちょっと高速道路のように立派に見えてしまったので、
 勾配をつけて全体がアーチ状になるように形状を変更してみました。

 だんだん工作がいい加減になっていますが、雰囲気がわかれば良いので、
 細かいところにはこだわらないでいきます。

 やはりこうした方が、地元行政の作った地元民向けの橋っぽい感じになりますね。

 今回はこちらでいくことにしました。


【写真上】前回製作した道路モックアップ
     勾配がないので高速道路のような雰囲気になりますね

【写真下】今回製作した道路モックアップ
     ちなみに、土手の上には橋脚は作らないつもりです
 

【モジュールを作ろう】 No.16

 投稿者:江戸川区民  投稿日:2018年 9月 8日(土)11時58分44秒
返信・引用 編集済
   資材の調達

 先の写真でちょっとお見せしたように、天井川にかかる橋の下に鏡を仕込んで、
 風景が続いているように見せたいと考えています。

 モジュールに鏡を使いたい場合、洗面台や鏡台に使われるような通常のガラスを基材に
 した鏡を用いると、重さが大きいことと運搬時に衝撃で割れる危険性がありますので、

 少し単価は高くなりますが、アクリルベースの鏡をおすすめします。

 ひさびさに池袋にある東急ハンズをたずねて、アクリルミラーを購入してきました。

 東急ハンズ池袋店では木材カットサービスを終了したらしいという噂があったのですが、
 4階の売場でカットを行っていることを今回確認できました。

 ちなみに、アクリル板のカットもやってくれるそうです。

 アクリルミラーのカットは、P-カッターで充分できるそうです。また、プラ工作用のソー
 (鋸切り)でも切断は可能ですが、端面を紙やすりなどで綺麗に仕上げる必要があるとのこと。

 それと、裏面にグレーのバッキング(光漏れ防止)がついており、これに傷をつけたり剥がし
 たりしないように注意が必要との話でした。


 【写真上】池袋東口交番

           なんでも、フクロウの顔をしているそう
      https://matcha-jp.com/jp/1261
      ジオラマに再現してみるのも楽しい

      そういえば、待ち合わせ場所の「いけふくろう」なんてのもありましたっけ

      ちなみに千葉駅前にもフクロウ交番はあるが、こちらはもっと凛々しい顔をしている
      http://www.police.pref.chiba.jp/police_department/chiba_c/pb_list/chiba_eki.html


 【写真中】東急ハンズ池袋店入り口

      池袋はとにかく人通りが多く、地下通路やサンシャイン通りなどは大きな荷物を持って歩くのが大変
      有楽町線の東池袋からアクセスする方が個人的にはおすすめ


 【写真下】購入してきたアクリル鏡(アクリル板 色調:ミラー)
      寸法は320×550mm 板厚:2mm お値段:\2,220+税


 

【モジュールを作ろう】 No.15

 投稿者:江戸川区民  投稿日:2018年 9月 7日(金)23時15分57秒
返信・引用 編集済
   モックアップの製作3

 製作した道路のモックアップをセットしてみます。
 最初に描いたスケッチと異なり、道路の高さは一定にしています。

 ぱっと見は、
 新宿から高尾を過ぎて坂を上りはじめた特急「あずさ」から見上げる中央高速といった趣き。
 結構な高さに見えて、ちょっと立派過ぎるかな? という気がしないでもないですね。

 もう少し、地方自治体が作った華奢な田舎道っぽい感じにしたい気もします。

 ただし、天井川の土手の高さ自体が85mm(実物換算で13m)もあるので、細い道路で超えるのは
 かえって不自然かも知れませんが。

 簡易なモックをもうひとつ作って比べてみた上で決めたいと思います。


【写真上】モックアップをセットしたところ

【写真中】天井川を越える道路橋

【写真下】道路橋の後ろに鏡を設置したところ。
     川が続いているように見えますかね


 
 

【モジュールを作ろう】 No.14 つづき

 投稿者:江戸川区民  投稿日:2018年 9月 6日(木)22時49分22秒
返信・引用 編集済
   【写真上】片面コートボール厚紙をパーツに切り出したところ

 【写真中】橋桁の部分を組み立てたところ

 【写真下】道路部分を接着したところ


 

【モジュールを作ろう】 No.14

 投稿者:江戸川区民  投稿日:2018年 9月 6日(木)22時44分9秒
返信・引用 編集済
   モックアップの製作 2

 モックアップを製作するのは、もらってきたダンボールでもコピー用紙の裏でも何でもいいのですが、
 ちょっとした細かい加工のしやすさ、貼合せの容易さ、実用強度など考えると、工作用紙などの
 厚紙が扱いやすいかと思います。

 今回は素材を探しに、御茶ノ水にある「レモン画翠」を訪問して、使えそうな素材をいくつか入手してきました。
 http://lemongasui.co.jp/shop-info/

 紙類は2Fで扱っており、製図用紙(ケント紙・トレーシングペーパー他)、水彩紙(画用紙・ワトソン紙・
 キャンソン紙・アルシュ他)、建築模型やその他多目的に使えるカラーペーパーを豊富に取り揃えています。

 今回はこの中から、アイボリーケント#300、両面コートボール紙、片面コートボール厚紙を入手してみました。

 ボール紙やプレスボード紙をストラクチャの本番品に使う場合は、表面コートがないと塗装時に塗料で繊維の
 毛羽立ちが発生することがあり、ラッカーサーフェーサなどを予め塗って耐水ペーパーで下地を作るなどの手間が
 発生することがあるので注意が必要です。

 今回は片面コートボール厚紙を使って、「天井川」を超える道路のモックを製作してみました。

 カットする場所をあらかじめ鉛筆でケガキをいれ、カッターで切り出していきます。これを木工ボンドを使って
 接着し組み立てていきます。強度に不安のある部分には補強を入れていきます。

 【写真】「レモン画翠」は中央線の御茶ノ水駅下車徒歩1分、丸善の真正面にある。

      画材関連では、ウエザリングに使えるパステル、地面の色づけや背景画に使えるリキテックスやホルベイン
      のアクリル絵の具、ジェッソなどの下地材、メジウムなどの盛り上げ材、

      建築模型関連では、木質表面材・角材、スタイロフォーム、サイディング用のエバーグリーン波板、
      模型用樹木、プライザーのフィギア、道路の白線用のICテープ、まで、ジオラマ製作用の素材がワンサと
      手に入る便利な店。

      定規、カッター、のりにはじまり、工作用の道具類はたいていのものが置いてある。

      ちなみに、さだまさしの「檸檬」という歌に「食べかけの檸檬 聖橋から放る」という歌詞出てくるが、
      さだは、この画材屋の5Fにあった喫茶で曲を作ったという説がある。

      当方が高校の美術部員だったころは、この喫茶店は生レモンジュースなどが飲める人気店であった。


  
 

【モジュールを作ろう】 No.13

 投稿者:江戸川区民  投稿日:2018年 9月 5日(水)19時56分8秒
返信・引用 編集済
   モックアップの製作

 モジュールレイアウト製作の進行は、人によって様々のようです。

 J-TRAK Societyの会員でも、とにかくどんどん作ってしまって、気に入らなければ
 壊して作り直す、という人間もいます。

 「Leap before you look(見る前に飛べ)」という英語のことわざのように、
 あれこれ考えているうちに時間が経ってチャンスを逃してしまうということは
 世の中で間々あることなので、この方法論も一理あるかと思います。

 とくに我々モデラーの端くれにとっては、自分の考えたコンセプトやインスピレーションを
 早いところ形にしないと、興味がその対象から離れていってしまう恐れがあります。

 プラモデルやらブラスキットを手がけたものの、途中で停まっているというような方、
 とにかく一気に完成まで持っていく癖をつけるには、このような方法がいいかもしれません。

 しかしながら一方において、モジュールレイアウトで一番手が掛かり時間を要するストラクチャ
 の製作は、大きさや形などが製作してしまってから変更・修正をするのは大変ですし、また
 不可能な場合も多いです。

 こうしたものを用意する際には、予め簡単なモックアップを製作し、レイアウト全体の
 中での大きさのバランスや位置関係を確認したおいた方が無難です。
 いわゆる「More haste, less speed(急がば回れ)」というやつですね。

 今回は、天井川の大きさと配置、トンネルで通過する列車との干渉などを考慮して
 各部のサイズを決め、ダンボールでモックアップを作ってみました。

 案の定、実際に製作した一作目のモックアップでは、モジュールベースに対して占める面積が
 大きすぎることがわかり、土手斜面のスロープの角度をかなり上げることにして、
 なんとかバランスがとれるようにしました。

 第2作目のモックアップの写真を掲載します。

 モジュール単体で見るとこのくらいのバランスかなと思いますが、他のモジュールと連結してみると、
 実はもっと天井川部分が大きくてもいいのかもしれません。

 その方が、列車が視界から消える時間と距離が長く稼げるので好都合かも。
 こればかりは、実際に設置して列車を通してみないとわかりません。


 【写真上】モックアップの裏面。家の近くのアコレ(イオン系の安売りスーパー)で買い物をした
      ものを詰めてきたダンボールを使用。
      最近はスーパーはみんな買い物袋を持っていくようになりましたね。当方はいつも、
      購入した食品類を、袋詰めの台の下においてあるダンボールに詰めてきます。

 【写真中・下】モックアップをモジュールベースにおいたところ


 

/8