投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


記念本の引き換え

 投稿者:天山鉄道  投稿日:2016年12月25日(日)17時35分32秒
返信・引用 編集済
  先週であったか、KATOのホームページに遅れていたNゲージ50周年記念本の引き換え開始の案内が。
50周年記念販売のC50に添付されたハガキで交換が開始されました。
そこで本日、ホビーセンターカトー1F)へ出向いて引き換えてまいりました。(174ページ)
KATO創業当時のことや製品の製造方法などが掲載されていましたが
もっとNゲージ販売開始当時のエピソードとか書いて欲しかったというのが個人的な感想です。

ホビーセンターカトーのエントランスには、亡くなられた加藤会長の献花台が。
この方のおかげで私の模型人生が充実しました。感謝しきれないお方でした。
ご冥福をお祈りいたします。

写真を撮り忘れましたが、新C11、2階の新製品紹介コーナーに展示されていました。

【写真上】KATO50周年記念本
【写真中】加藤会長の献花台
【写真下】ジャンクコーナーで販売されていた国鉄コンテナ。格安なのでまとめ買いしました。
 

組み立て開始

 投稿者:川鐡  投稿日:2016年12月16日(金)05時51分22秒
返信・引用
  レ-ザ-カッタ-の組み立てを始めました。
このレ-ザ-カッタ-はDXFファイルが使えるので
今まで書いた図面がすべて対応可能です。
電車基地製作の強い味方になると思ってます。
 

信号所

 投稿者:川鐡  投稿日:2016年12月12日(月)20時27分50秒
返信・引用
  指扇電車基地の西側に設置する信号所の図面が出来ました。
参考にしたのは西武鉄道の南入曽電車基地にある信号所です。
近代的で特徴的なフォルムなので気に入っていました。
来週あたりから製作に入ります。まだ検車庫や公団住宅も仕掛かり中
ですが工法を検討しながらの作業なので気分転換もかねて平行作業しています。
 

寸景②

 投稿者:事務局  投稿日:2016年12月 5日(月)22時45分10秒
返信・引用
  気づいていましたか?続きです。

【写真上】西部警察 Zのガルウイング わかるかなぁ
【写真中】今日はお祭り
【写真下】自宅開放のレストラン
 

寸景①

 投稿者:事務局  投稿日:2016年12月 5日(月)22時27分3秒
返信・引用
  モジュールレイアウトは全体が大きいことから雰囲気に圧倒され
何となく眺めて全体を見たような気になっていしまいます。
でも製作者にとっては900mmとか1800mm幅のレイアウトなのです。
ですからそれなりに凝った作品を製作しています。
むしろ見学者の方に見つけて欲しいと思いながら
あえて凝ったことをしたりしています。

先日のKATOでの運転会で撮影した寸景を紹介しましょう。
写真が3枚しか貼れませんので2回に分けて掲載します。

【写真上】ライブスチームの運転会場
【写真中】修学旅行?
【写真下】大人のホテル?
 

訃報

 投稿者:事務局  投稿日:2016年12月 2日(金)12時06分49秒
返信・引用 編集済
  KATOの加藤祐治会長がなくなられたとのこと。享年88歳。
病気療養中のところ平成28年11月21日永眠されたとKATOのHPに掲載されています。
当クラブがKATOで公開運転会を開催させていただいたのが11/19・20の両日
その翌日に亡くなられました。
もしKATOがNゲージの発売をしていなかったらどうなっていただろう
保守的な業界だからHO一辺倒がしばらく続き
日本型のNの発売は、かなり遅れたかも。
謹んでお悔やみを申し上げます。
 

昭和の貨物列車

 投稿者:川鐡  投稿日:2016年11月24日(木)02時28分5秒
返信・引用
  久しぶりで黒貨車を運転しました。EF15重連に貨車約30両強です。
貨車はNゲ-ジ創世期のホンコン製トミ-やら河合の初期製品、最近の
カト-、トミックスなどのごちゃまぜ編成です。
昭和の貨物では特に無蓋貨車の積み荷が面白く廃材、工作機械、木箱での梱包品、
など雑多な物がありました。それらの表現が面白く、運転では無蓋貨車の比率は大きなものに
なっています。とくに受けたのはバス輸送です。道路の整備状態が悪かった当時は
鐡道によるバス輸送がありましたね。
写真はカメラブレ満載ですが雰囲気だけでもとアップしました。
 

お疲れさまでした

 投稿者:事務局  投稿日:2016年11月21日(月)21時20分54秒
返信・引用 編集済
  先週末、ホビーセンターKATOでの公開運転会を実施しました。
土日の2日間でしたが、見学者がKATOの店に来られる方々ですので
同好の方々ということで、通常の公開運転会よりは張り合いがあります。

さて、今回は初日が雨でしたが出足は好調で
むしろ翌日の晴れた日曜日よりも盛況でした。
やっぱ、初日のオープンに合わせて来てくださる方には感謝です。

そんな中、びっくりすることがありました。
3~4歳と思われるちびっ子(幼児)が何かを押しながらやって来たのです。
四角い箱???
あれまぁ、会場となったKATOの運転用レイアウトのところにあった踏み台
これをズズズーーっと床の上を押しながら運んできたかと思うと
我々のモジュールの前に置き、その上に立って見学を開始!
何と手慣れた行動だこと。
レイアウト大好きなちびっ子でした。
また来いよ~!

【写真上】踏み台持参でやって来たちびっ子
【写真中】あっち側
【写真下】こっち側
 

KATO運転会を開催中!

 投稿者:事務局  投稿日:2016年11月19日(土)20時36分47秒
返信・引用 編集済
  本日と明日(11/19.20)  ホビーセンターKATOの2階会議室
といっても2階の店舗とつながったスペースになりますが
KATOの加藤社長のご厚意で公開運転会を開催しています。
今日はあいにくの雨でしたが、おなじみの方を含め
家族連れやKATOでの買い物のついでに、多くの方に見学していただきました。
熱心に質問をされる方にはJANTRAK規格の資料もお渡しするなどして
モジュールレイアウトへの理解を深めていただきました。

明日の天気はどうでしょうか
散歩がてらにぜひお越しください。
10時~17時までとなります。
【写真】カメラを忘れてスマホで撮影。画素数少なすぎ

※明日、デジカメで撮影します。
 

車両をご持参ください!

 投稿者:事務局  投稿日:2016年11月 8日(火)20時12分8秒
返信・引用
  11/19・20にホビーセンターカトーで行う公開運転会ですが
見学者の皆さんにもモジュールレイアウトを楽しんでいただくため
当日は「DCC対応車両」を持参いただいた方に線路の一部を開放いたします。
ぜひロングラン運転を楽しんでください。
当日はKATOのD101コントローラー他を用意いたしますので
DCC対応車両のみご持参くだいさい。
お待ちしています。
 

公開運転会開始時間の変更

 投稿者:事務局  投稿日:2016年10月30日(日)14時16分1秒
返信・引用 編集済
  11/19・20にホビーセンターカトーで開催します公開運転会ですが
開始時間が変更になりました。
公開運転は、11月19日(土) 午後1時からになります。
ホビーセンターカトーのHPも変更になります。→ なりました。
ご注意ください。
 

KATOでの公開運転会

 投稿者:事務局  投稿日:2016年10月26日(水)12時16分6秒
返信・引用
  ホビーセンターカトーのホームページに当クラブの公開運転会の案内がアップされました。
ここです。 ↓

http://www.katomodels.com/hobbycenter/

公開は10時からとありますが、ちょっとキビシイ~!
まあ、設営情況もご覧になってお楽しみください。
 

公団住宅

 投稿者:川鐡  投稿日:2016年10月24日(月)18時33分43秒
返信・引用
  電車基地西側に建つ公団住宅が形になりつつ在ります。
2年前に図面を描き部品作りをしてきましたが、やっと
総組までこぎつけました。建物は8階建、ほぼ中央にエレベ-タ-
があります。
図面化に際しては窓の寸法など加工能力に応じて太らせています。
これからひさし、テスリ、雨どいなど小物の工作にはいります。
かなり大きな建物なので西側のスペ-スはこの公団、2棟でほぼ
埋まってしまいます。
 

こんなもん、作ってみました。

 投稿者:天山鉄道  投稿日:2016年10月16日(日)22時51分57秒
返信・引用
  ジオコレのビニールハウスが再販されています。
TOWN BUILDER-1さんも使っていましたが製品はクリアガラス状態
これでは美しすぎて使えません。
そこで艶消しスプレーの使用を先にお勧めしましたが
私の使用結果の写真を掲載します。
これは自宅の固定レイアウトに取り付けたものです。
外側だけでなく内側からも艶消し処理をしてあります。

さて、
現在製作中の小型レイアウトに取り付けるスイングヤード小型版
C56 + 客車2輌 が収容できる長さで5編成の収容が可能です。
これ、たった半日で製作しました。
高価で、かつ脱線の多いポイント線路を使用せず
短時間で製作出来る確実なヤードです。
レイアウトの裏側でコソコソと車両の入れ替えをするのに最適かも!
私は堂々とレイアウトの前面で使いますが。

【写真上】艶消し塗装したビニールハウス+温室
【写真中】スイングヤードを構成する2枚の板
【写真下】5編成を収容した状態
 

アドバイスありがとうございます

 投稿者:TOWN BUILDER-1  投稿日:2016年10月12日(水)07時04分19秒
返信・引用
  天山鉄道 様
アドバイスありがとうございます。
温室に見えるように感じていたのは私だけでは無かったんですね(笑)

ウエザリングマスターの”白”で表面は少しだけ汚しましたが、
写真で見るとあまり変わらないように見えるの分かりました。

水性の艶消しスプレー調達して試してみます。
 

リアルになりますよ!

 投稿者:天山鉄道  投稿日:2016年10月11日(火)17時22分36秒
返信・引用
  TOWN BUILDER-1 さんへ
ビニールハウスというか温室のようですが
キラキラと綺麗すぎると思いませんか。
私は水性の艶消しスプレーを吹くことで艶消し状態にしています。
ちょうど少しビニールが汚れた感じになりますよ

※水性のだと失敗したら水で洗い落とせるから安心して作業出来ます。
 

こんなの制作してみました

 投稿者:TOWN BUILDER-1  投稿日:2016年10月10日(月)22時11分33秒
返信・引用
  JAM終了後、4両編成くらいの編成が飾れる撮影兼用の展示台
600×150サイズの小さい単線ユニット制作しました。
線路はファイントラックを使ってます。
台枠にアジャスターの脚を組み込んであり、高さ微調整も可能。

ビニールハウス部分はもう少し改良の予定です。

両サイドからファイントラックと高架橋脚をそのまま繋げば、
ばほぼ同じ高さレベルで接続可能です。




 

運転会のお知らせ

 投稿者:事務局  投稿日:2016年 9月27日(火)22時30分22秒
返信・引用 編集済
  トップ画面にも掲載されましたが
次回の運転会は、あのホビーセンターカトーの2階にあります大会議室で
11月19・20日の土日に2日間開催します。
もちろん見学は自由で無料(笑)です。
KATOでのお買い物のついでにお立ち寄りください。
そしてモジュールレイアウトをゆっくりとご覧ください。
 

秘密のレイアウト

 投稿者:天山鉄道  投稿日:2016年 9月19日(月)23時56分2秒
返信・引用 編集済
  何が秘密なんだか
JAMのあと、コツコツと小型レイアウトを製作中です。
日本型のC12やキハ40000が似合う小型レイアウトですが
某モデラー2名とともに、ある目的のために製作中!
年内完成を目指して頑張っています。

JAM事務局からJAMの入場記念の缶バッチが届きました。
3色セットでMP参加した人数分、届いています。
次の運転会でメンバーにはお配りしましょう。

【写真上】全景です。450x900mm サウンドボックス対応
【写真下】奥(左側)が駅前、手前(右側)が農家と畑・・・かな
 

浮上体験はリピートしたいアトラクション

 投稿者:習志野市民  投稿日:2016年 9月 1日(木)19時25分21秒
返信・引用
  当選した山梨リニア実験線の試乗体験、台風通過後の快晴日に乗車しました。浮上体験は普通すぎて感動しました。

試乗駅の施設入場時には手荷物検査と搭乗券発行で飛行場と同じでした。
乗車ホームは無く車体全体は見えず飛行機の搭乗橋とおなじような通路タイプでした。

リニア車内は2列2列の座席配置で小振りな新幹線そのまんま、座席ベルトの無い小型飛行機の感じで感動は無し。

発車ベルも鳴らずにタイヤ走行が始まり一気に加速して浮上走行開始、減速してタイヤ走行に戻り停車。
ほとんどトンネル内の走行で車内モニターを見るだけで車窓を楽しむ、味わうことはできませんでした。
合計4回のストップアンドゴー(内2回500キロ)走行は、あまりにも普通の感覚なので4Dシアターで疑似体験しているような錯覚すら感じます。
加速時よりも減速時のほうが抵抗は大きいですが飛行機の離発着よりも、スターツアーズ乗車よりも、想像以下の軽々でした。

試験線の走行条件、高低差40パーミル、曲線半径8000メートル、どちらも乗車中の体感は分からず、ひたすら直線を走行している感じでした。

実験線、とは言え営業開始時には本線として使用する走行区間、ほぼ完成形であまりにも普通すぎる試乗体験に感動しました。


 

ごくろうさま

 投稿者:kawatetu  投稿日:2016年 8月22日(月)21時12分2秒
返信・引用
  コンベンションは無事終了しました。参加されたメンバ-には感謝です。
日中は雨風強よかったのですが、やっと荷物を車から降ろせました。
これから2階に収納です、
日中は台風状況聞きながら来年のコンベンションに向けてマンションの
窓枠の切り出しをしていました。
さすがに5400mmのモジュ-ルでも3年目には形になったものをお披露目したいですね。
 

JAM最終日ですよ。

 投稿者:事務局  投稿日:2016年 8月21日(日)09時35分0秒
返信・引用
  JAM最終日となりました。本日も天気がちょっと心配ですが昼間ならば大丈夫でしょう。初日には雑誌社の取材も受けてますので楽しみです。今日は午後5時までです。ぜひお越しください。会場内の中央右側ですよ。
 

JAM会場配置図

 投稿者:事務局  投稿日:2016年 8月17日(水)12時57分58秒
返信・引用 編集済
  JAM事務局より会場配置図が公表されています。


http://kokusaitetsudoumokei-convention.jp/booth-map2016/

J-TRAK は会場入口を入ったら前方右側中央付近です。
多摩多摩温泉電鉄さんはさらにその奥側になり、比較的近くです。
ぜひ、お立ち寄りください。

当日、J-TRAK はちょっと目立つ演出をして他と差別化を図ります。
匠集団のイメージで!
 

JAM出展します

 投稿者:多摩温泉電鉄  投稿日:2016年 8月16日(火)22時18分37秒
返信・引用
  さて、台風が去った後の今週末のJAMですが、「多摩温泉電鉄」という名前で出展させていただきます。
場所はレールマーケットの真ん前です。
新作モジュールは完成しました(4つも)。
どんなものなのかは来てのお楽しみ!
ゆるく自由形の小型車を路モジ規格のエンドレスで走らせる予定ですので、是非皆様私のブースへお越しください。

、、、差し入れはビールでお願いいたします(笑)。

 

浮上体験に行ってきます

 投稿者:習志野市民  投稿日:2016年 7月21日(木)10時01分51秒
返信・引用
  初投稿が非鉄模ネタで失礼します。

応募2回目で当たった山梨リニア500キロ試乗会8月の最終日に行くことになりました

試乗前ですが、次回の開催案内がJR東海から届き募集開始しましたので以下に記します
先着順ではなく締切後の抽選になります。秋の紅葉シーズンでよい季節かもしれませんね



==========

この度、平成28年第3回 超電導リニア体験乗車の開催が決定いたしましたのでお知らせいたします。
今回は、秋の行楽シーズンである10月、11月に15日間実施します。
過去最多となる合計5,400区画(10,800座席)をご用意しています。

皆さまのお申込を心よりお待ち申し上げております。

【募集期間】
平成28年7月21日(木)10:00~平成28年8月29日(月)23:59まで

【開 催 日】
平成28年10月11日(火)~14日(金)、18日(火)~21日(金)、25日(火)~28日(金)
    11月9日(水)~11日(金)

【集合時刻】
各日10:15、11:15、13:15、14:15、15:15、16:15

【募  集】
各日6回、各回60区画(120座席)
お申込は1区画(2座席)単位、1名様あたり最大2区画(4座席)まで

【開催場所】
山梨実験センター(山梨県都留市小形山271-2)

【料  金】
1区画(2座席)4,320円/2区画(4座席)8,640円

【そ の 他】
募集締切後、抽選により当選者を決定いたします。
当選の通知をもって、当選者の発表に代えさせていただきます。

お申込・詳細は超電導リニアホームページをご覧ください。
http://linear.jr-central.co.jp/

==========

■お問合せ先
【主催】
 JR東海
 http://linear.jr-central.co.jp/
【応募受付代行】
 株式会社ジェイアール東海ツアーズ 体験乗車応募お問合せデスク
 TEL:03-6880-3489
 営業時間:平日10:00~18:00
 休業日:土・日・祝日・12/31~1/3

==========
  
 

出展場所が決定!

 投稿者:事務局  投稿日:2016年 7月16日(土)17時43分45秒
返信・引用 編集済
  今夏のお台場ビックサイトで開催されるJAMの出展配置図の連絡が開催事務局からありました。

J-TRAKの出展場所は入口から入って中央の右手です。【写真の赤○箇所】

我がメンバーの多摩温泉電鉄は奥側の右手です【写真の緑○箇所】

開催まであと1ヶ月余。
事務局としては隠し玉?を含め準備することが色々とあります。
事前公表できるものは順次お知らせしてまいります。
 

JAMに向けた秘密兵器?

 投稿者:天山鉄道  投稿日:2016年 7月10日(日)22時50分3秒
返信・引用
  今夏のJAMには着せ替えモジュールとか、差し替えモジュールとか
いくつもの名称で呼ばれているA4サイズのボードで情景を変えられるモジュール

モジュールレイアウトを訳けあって今は製作できないメンバーによって
色々なA4サイズの情景で埋めてもらおうと思っていますが
今夏のJAMにはそうした希望者がいればよいのですが
いても5ヶ所のA4ボードはそろわないことでしょう。
これも想定内ですが。

そこでこれからの1ヶ月で何かしらを製作しないと
JAM当日は大きな落とし穴のあるモジュールになってしまいます。
そこで今日は秘密兵器のテストをしたところ・・・おもろいぞ!

【写真上】超音波電動ハブラシをプラ版に仮固定
【写真中】スイッチを入れると・・・はっはっは! 1/150サイズの自動車が動き出す
【写真下】Why?  車の裏側を見ると何やら貼り付けてある。動力源?

A4サイズのボードに自動車教習所のコースを再現し
そこを教習車が走り回る情景にチャレンジです
実験では成功してますが、さてどうなるでしょう

 

定例運転会を開催しました

 投稿者:事務局  投稿日:2016年 6月12日(日)20時04分3秒
返信・引用 編集済
  本日、定例運転会をタワーホール船堀で開催しました。
本日は入会希望者の方の見学日としましたが
入会希望者の方がお見えになられ
運転会開催中に拍手で歓迎の意を伝え即刻入会を祝いました。

また、本日は元海上自衛隊というお歴々が
会長のジョンソン基地モジュールに感動したかと思うと
かつて若いお嬢様であった方々とは
きわどい、何か変な会話が交わされてハラハラどきどき、そして爆笑。

運転会終了後には今夏のJAM参加の打ち合わせ
とにかく楽しくやろうということで。
なんたって、我がJ-TRAKのJは「JOY」の意味と思われているようなので。


【写真上】元海上自衛隊というオジサマ御一行も見学に
【写真中】ブルトレ15輌フル編成も超余裕で疾走。これぞ醍醐味!
【写真下】運転中の線路磨き。こうして安定走行に向け線路保守をしています。
 

定例運転会場の様子

 投稿者:事務局  投稿日:2016年 6月12日(日)12時39分15秒
返信・引用
  本日の定例運転会場の様子です。
 

会場の変更

 投稿者:事務局  投稿日:2016年 6月12日(日)12時35分44秒
返信・引用
  本日の定例運転会の会場は406号室に変更になりました。



 

/7