投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


浮上体験に行ってきます

 投稿者:習志野市民  投稿日:2016年 7月21日(木)10時01分51秒
返信・引用
  初投稿が非鉄模ネタで失礼します。

応募2回目で当たった山梨リニア500キロ試乗会8月の最終日に行くことになりました

試乗前ですが、次回の開催案内がJR東海から届き募集開始しましたので以下に記します
先着順ではなく締切後の抽選になります。秋の紅葉シーズンでよい季節かもしれませんね



==========

この度、平成28年第3回 超電導リニア体験乗車の開催が決定いたしましたのでお知らせいたします。
今回は、秋の行楽シーズンである10月、11月に15日間実施します。
過去最多となる合計5,400区画(10,800座席)をご用意しています。

皆さまのお申込を心よりお待ち申し上げております。

【募集期間】
平成28年7月21日(木)10:00~平成28年8月29日(月)23:59まで

【開 催 日】
平成28年10月11日(火)~14日(金)、18日(火)~21日(金)、25日(火)~28日(金)
    11月9日(水)~11日(金)

【集合時刻】
各日10:15、11:15、13:15、14:15、15:15、16:15

【募  集】
各日6回、各回60区画(120座席)
お申込は1区画(2座席)単位、1名様あたり最大2区画(4座席)まで

【開催場所】
山梨実験センター(山梨県都留市小形山271-2)

【料  金】
1区画(2座席)4,320円/2区画(4座席)8,640円

【そ の 他】
募集締切後、抽選により当選者を決定いたします。
当選の通知をもって、当選者の発表に代えさせていただきます。

お申込・詳細は超電導リニアホームページをご覧ください。
http://linear.jr-central.co.jp/

==========

■お問合せ先
【主催】
 JR東海
 http://linear.jr-central.co.jp/
【応募受付代行】
 株式会社ジェイアール東海ツアーズ 体験乗車応募お問合せデスク
 TEL:03-6880-3489
 営業時間:平日10:00~18:00
 休業日:土・日・祝日・12/31~1/3

==========
  
 

出展場所が決定!

 投稿者:事務局  投稿日:2016年 7月16日(土)17時43分45秒
返信・引用 編集済
  今夏のお台場ビックサイトで開催されるJAMの出展配置図の連絡が開催事務局からありました。

J-TRAKの出展場所は入口から入って中央の右手です。【写真の赤○箇所】

我がメンバーの多摩温泉電鉄は奥側の右手です【写真の緑○箇所】

開催まであと1ヶ月余。
事務局としては隠し玉?を含め準備することが色々とあります。
事前公表できるものは順次お知らせしてまいります。
 

JAMに向けた秘密兵器?

 投稿者:天山鉄道  投稿日:2016年 7月10日(日)22時50分3秒
返信・引用
  今夏のJAMには着せ替えモジュールとか、差し替えモジュールとか
いくつもの名称で呼ばれているA4サイズのボードで情景を変えられるモジュール

モジュールレイアウトを訳けあって今は製作できないメンバーによって
色々なA4サイズの情景で埋めてもらおうと思っていますが
今夏のJAMにはそうした希望者がいればよいのですが
いても5ヶ所のA4ボードはそろわないことでしょう。
これも想定内ですが。

そこでこれからの1ヶ月で何かしらを製作しないと
JAM当日は大きな落とし穴のあるモジュールになってしまいます。
そこで今日は秘密兵器のテストをしたところ・・・おもろいぞ!

【写真上】超音波電動ハブラシをプラ版に仮固定
【写真中】スイッチを入れると・・・はっはっは! 1/150サイズの自動車が動き出す
【写真下】Why?  車の裏側を見ると何やら貼り付けてある。動力源?

A4サイズのボードに自動車教習所のコースを再現し
そこを教習車が走り回る情景にチャレンジです
実験では成功してますが、さてどうなるでしょう

 

定例運転会を開催しました

 投稿者:事務局  投稿日:2016年 6月12日(日)20時04分3秒
返信・引用 編集済
  本日、定例運転会をタワーホール船堀で開催しました。
本日は入会希望者の方の見学日としましたが
入会希望者の方がお見えになられ
運転会開催中に拍手で歓迎の意を伝え即刻入会を祝いました。

また、本日は元海上自衛隊というお歴々が
会長のジョンソン基地モジュールに感動したかと思うと
かつて若いお嬢様であった方々とは
きわどい、何か変な会話が交わされてハラハラどきどき、そして爆笑。

運転会終了後には今夏のJAM参加の打ち合わせ
とにかく楽しくやろうということで。
なんたって、我がJ-TRAKのJは「JOY」の意味と思われているようなので。


【写真上】元海上自衛隊というオジサマ御一行も見学に
【写真中】ブルトレ15輌フル編成も超余裕で疾走。これぞ醍醐味!
【写真下】運転中の線路磨き。こうして安定走行に向け線路保守をしています。
 

定例運転会場の様子

 投稿者:事務局  投稿日:2016年 6月12日(日)12時39分15秒
返信・引用
  本日の定例運転会場の様子です。
 

会場の変更

 投稿者:事務局  投稿日:2016年 6月12日(日)12時35分44秒
返信・引用
  本日の定例運転会の会場は406号室に変更になりました。



 

何とか間に合いました

 投稿者:天山鉄道  投稿日:2016年 6月 7日(火)22時37分26秒
返信・引用
  今週末の定例運転会に間に合わすため
A4サイズの情景ボードで参加できるモジュールレイアウト
何とか持参出来る状態にまで出来ました。
細部の造り込みはまだですが、おいおい行います。
とりあえずは今夏のJAMですね。
そこで一段落付けます。

【写真上】背景画を付けたのでそれらしくなりました。
     自宅のレイアウトにあるストラクチャーを適当に並べてみた状態です
【写真中】左側から。A4サイズでぽっかりと空いてます
【写真下】右側から。背景画の様子がわかります。
 

こんなもの、作りました。

 投稿者:事務局  投稿日:2016年 6月 6日(月)18時20分44秒
返信・引用 編集済
  今週末の6月12日に定例の運転会を開催しますが
モジュール設営作業の都度、
「おまえ高すぎるぞ」
「そっちが低いんだよ」
身長の話ではありません。
モジュールレイアウトの高さです。

前回の運転会の設定のまま繋ごうとするあまり
自分の高さが正しいと子供じみた話題が必ず起きます。

そこでモジュールの高さを瞬時に図る「高さ計測棒」のご紹介です。
商品名?は「はかルンバ」

モジュールの高さ900mm+線路の高さ4mm=904mm
この高さに固定したこの「はかルンバ」を線路上面に添えて
モジュールの脚に取り付けたアジャスターでチョチョっと作業で高さを設定
どうです、簡単に設定できるでしょ!

それに、今だと横にメジャーが付いてますので
高さだけでなく寸法も測れます。

「でもお高いんでしょぉ~」

いえいえ奥さん、本日は事務局が遊び心で製作したので
なんとなんと、タダです!

ということで、今後は高さ調整時の愚論はなくなります。
6月12日 初公開です。


 

定例運転会にお越し下さい

 投稿者:事務局  投稿日:2016年 6月 3日(金)13時04分19秒
返信・引用
  トップページにも掲載していますが
6月12日(日)の定例運転会の見学にお越しください。
「百聞は一見にしかず」です。
まずはモジュールレイアウトを知ってください。

当日はいつも使用する会場がとれませんでしたので
ちょっと狭めの部屋になりますが
それだけ食い入るように見ていただけると思います。
(苦しい言い訳 (・・);)
事前連絡なくフラリと来られても全然OKです。
 

公表されました

 投稿者:事務局  投稿日:2016年 6月 2日(木)21時11分53秒
返信・引用
  今夏のJAM参加グループが主催者のHPに公開されました。



http://kokusaitetsudoumokei-convention.jp/modeler-exhibits2016-1/
 

御苦労さん

 投稿者:川鐡  投稿日:2016年 6月 2日(木)12時57分9秒
返信・引用
  初めてのJAM参加ですね。
皆さんがんばりましょう。
早稲田さんですが去年がクラブ最後の出展でした
最終日に花束贈呈のセレモニ-やってましたよ。
個人的には残念な気持ち一杯ですが、毎年徹夜で設営
されている姿を見ると英断に納得かなと思いました。
我がJ-TRAKもお爺さんががんばるのではなく、次世代
に早くバトンを渡したいですね。
 

JAM、動き出しました

 投稿者:事務局  投稿日:2016年 6月 1日(水)22時35分14秒
返信・引用 編集済
  本日、JAM事務局から書類が届きました。
といっても参加費の請求書です(笑)
相変わらず事務局としては「ちょっと負けてよ」と言いたくなる金額ですが
でもあのビックサイトの3日間の使用料金ですからね。
駐車場の料金と比較したらむしろ安い?

さて、請求書とともに参加されるモデラー参加者のリストもありました。
受付番号で数えると57組織の参加です。
我がJ-TRAKは22番目でした。
多摩温泉電鉄は30番目でエントリーされていました。
頑張って下さいね。
ちなみに、常連の早稲田はありませんでした。
ちょっと驚き!
 

地味な作業5

 投稿者:川鐡  投稿日:2016年 5月30日(月)20時36分16秒
返信・引用
  リフティングジャッキが出来ました。
参考にしたのは西武鉄道の武蔵丘車両基地で見かけたものです。
3方向から撮影した写真から図面化したのですが、1/150にすると
工作力と視力の関係からかなりオ-バ-スケ-ルになった部分も
あります。レイアウトの配置するとほとんど見えなくなってしまうので
全体の雰囲気が出ていれば良しとしました。
 

地味な作業4

 投稿者:川鐡  投稿日:2016年 5月23日(月)21時05分25秒
返信・引用
  天井クレ-ンが安全第一の標語を付ければ完成の状態になりました。
本体はプラ板からの切り出し、手すりは0.3mmの真鍮線のハンダ付け
です。
少し艶が出すぎなのでトップコ-トで調整します。
これから小物の工作が続きます。
 

これを改造します

 投稿者:TOWN BUILDER-1  投稿日:2016年 5月21日(土)10時48分27秒
返信・引用 編集済
  某模型店前にあるガチャガチャにて写真の物をゲットしました。
カプセルプラレール E6系「スーパーこまち」です。
流線形をした新幹線の先頭車が欲しかったので丁度良かった。

これを、ある雑誌に掲載されていた改造記事を真似、同じ物を制作します。
完成後の設置場所は決定済みです。

ガチャガチャ回したのは数十年ぶりでした(笑)



 

入会希望者募集案内が掲載されました

 投稿者:J-TRAK事務局  投稿日:2016年 5月20日(金)22時30分12秒
返信・引用
  本日発売の鉄道模型趣味(TMS)6月号に
我がJ-TRAKの入会希望者募集案内が掲載されました。

4月中旬のとある日、原稿締切のギリギリのタイミングでお願いしたところ
掲載を快諾いただけました。TMS編集スタッフの皆様に感謝いたします。
この御礼は、今後、記事になるようなJ-TRAKの内容のある充実した活動発表記事の投稿で応えないと。

掲載いただいた内容はというと
入会希望者の方は6月12日の定例運転会にお越しくださいというものです。
ぜひTMS6月号の104pageをご覧ください。

【写真上】鉄道模型趣味6月号の表紙
【写真下】掲載箇所
 

熊本城

 投稿者:多摩温泉電鉄  投稿日:2016年 5月13日(金)16時58分52秒
返信・引用
  こちらの掲示板では初めましてです。
以前、モジュールに組み込んだ熊本城ですが、世間がこんな風になってしまいましたので、祈願の意味もこめまして、物置から引っ張り出して飾っています。
しかし、1/144の城は大きいです。
モジュールに組み込むのはお薦めできません(笑)。
 

テキスト

 投稿者:川鐡  投稿日:2016年 5月 9日(月)16時47分26秒
返信・引用
  6月の例会にて新規入会者に配布する「モジュ-ルレイアウト制作テキスト」が
完成しました。今まで規格としていろいろな媒体に掲載していたのとは異なり
実際に制作する場面で悩まないように具体的な記述に努めました。
また、このテキストではクラブで準備する備品も記載してあるります。
 

とりあえず基本作業の完了

 投稿者:天山鉄道  投稿日:2016年 5月 5日(木)19時45分19秒
返信・引用
  A4サイズの情景を取り替えて楽しむモジュールレイアウト
この連休でとりあえずの製作を終えました。
あとは背景画の製作を残していますが、とりあえず地べたの基本作業は終わり。
というか、細かな作業は今後、少しづつ運転会の都度、会場で行うことにしましょう。
A4サイズの情景も自分の作品で埋められるよう作っておかないと。
(駐車場と田んぼや畑にすると楽ですけどね)

【写真上】正面からの全景。奥にはマンションと林を製作して背景画との境目を隠しました
【写真中】鉄橋の下にはボート乗り場。子供に受けそう
【写真下】カーブした3番線の間に資材置き場。こういう造り込みは楽しい
 

地味な作業3

 投稿者:川鐡  投稿日:2016年 5月 2日(月)21時18分56秒
返信・引用
  修繕庫の天井に設置するクレ-ンです。
車両を釣り上げて移動できるように2基配置します。
まだ点検歩道や手すりなど付けていませんが進捗報告です。
写真ほぼ中央に巻き上げ機が写ってます。両端の細長い部品は
走行用のサドルです。
 

JAM出展申請しました

 投稿者:J-TRAK 事務局  投稿日:2016年 4月29日(金)09時29分59秒
返信・引用 編集済
  4月末は今夏のJAM出展申請手続きの締め切り期限です。
J-TRAK Society では申請手続きを済ませ、主催者から受け付けた旨の連絡をいただきました。
今回は新規入会希望者の受付前ですので設立メンバーのうちの参加出来る者のみですので
Eサイズ(5mx7m)で申請しました。

JAM当日はモジュールレイアウトの楽しさを直接確認いただき
当クラブの活動目的や活動方法などを紹介させていただきます。
もちろんモジュールレイアウト製作の楽しみ方も。
ぜひ会場にお越しください。
 

地味な作業2

 投稿者:川鐡  投稿日:2016年 4月25日(月)19時06分35秒
返信・引用
  リフテイングジャッキの続きです。
写真左は後ろ姿です、中央下端の六角形の棒はジャッキ昇降用の
モ-タ-です。左側2番目、下端部分のボックスはスイッチ類が納められた
制御盤、右手前にジャッキの爪が写っています、
プラ板からの切り出しではお爺ちゃんの私にはこれが限度です。
 

地味な作業

 投稿者:川鐡  投稿日:2016年 4月24日(日)08時03分42秒
返信・引用
  リフティングジャッキの作成中です。
写真はプラ板にケガキを入れ、切り出し易いように
パウダ-で強調してあります。
参考にしたリフティングジャッキは西武鉄道 武蔵丘車両研修所の見学の
際に撮影した写真をもとに図面化しました。
ただし、実物通りの寸法で縮尺するとパ-ツが細くなりすぎてカッタ-ナイフ
では切り出し不可、そのため、だいぶディフォルメしてます。
 

そろそろ仕上げて次に!

 投稿者:天山鉄道  投稿日:2016年 4月17日(日)21時45分19秒
返信・引用 編集済
  A4サイズのモジュールボードを取り付けてみんなで盛り上げていただくモジュール
参加者がいなければ自宅の固定レイアウトのストラクチャーを取り付けて
毎回、違う姿を見せてくれるモジュールです。
そろそろ次の製作作業にかかりたいので仕上げにかかります。

この週末は川に架かる鉄橋関連の作業とバラスト撒きでした。
鉄橋ですが、第3線は非電化ローカル線という設定ですので
実は、線路の塗装も変えてあります。
手前2線は本線ということで線路も濃いめの茶色
一方、第3線はローカル線ですので明るい茶色にしてみました。
つまり、線路が3本敷設してありますが、手前2線と奥の1線は別物という扱いです。
今回は線路にバラストを撒きましたが、現在は3線とも灰色
でもこのあと、バラストが固着したら、第3線はバラストも茶色に塗装します。
ちなみに、手前2線は電化ですので、このあと架線柱を建てますよ。

今回は第3線の鉄橋にガーター橋を取り付けました。
ただ左側は下に道路がありますので、このあとちょっと工夫します。

【写真上】第3線のガーター橋の様子
【写真中】手前にアーチ橋を取り付けると、あらら、見えませんね。
【写真下】A4サイズの2ヶ所に穴を開けました。ギミックのあるA4サイズへの対応です。
 

地味な作業

 投稿者:川鐡  投稿日:2016年 4月14日(木)15時17分2秒
返信・引用
  写真は修繕庫の壁面の鉄骨です、修繕庫と違いガントリ-クレ-ンを取り付けるため
背が高くなってます。
しかし、進捗遅いですね、なんでこんなバカなことやってるかって言うと、トレインスコ-プを付けた車両でゆっくりと車両基地に侵入するシ-ン見てみたいと、単純な理由です。
まだ片側だけなんで、続いてもう方っぽ作り始めます。
追記
少しだけ写っているヒコ-キはBv155V1高高度戦闘機です、かなりの好き者でないとわかんないですよね。
 

川面の製作など

 投稿者:天山鉄道  投稿日:2016年 4月13日(水)23時19分11秒
返信・引用 編集済
  地形に変化を付けるため、モジュール内に川を設けていますが
今日はちょっと訳あって仕事を早退しましたので平日ながら時間がちょっととれましたので
川面と架線柱の取り付けを行いました。

川面は木工用ポンドを使用して水面の表現をします。
最もオーソドックスな技法ですが移動用モジュールには最適です。
とにかく割れたり、ヒビが入ったりしませんので。

モジュールレイアウトはいつも80点主義で製作します。
移動や会場での設営で確実に破損することからの方針です。
ですから壊れない技法を最優先で選定しているのです。

今回は木工用ボンドを使用しましたので
当然ながら、水面は真っ白になります。
はたして。これは乾燥して透明になるでしょうか。
(毎回のことながら、ちょっと心配)

川縁には化学雑巾を使っ葦に見立てたものを取り付けてみました。
これでかわが生活感のある情景に見えてきましたよ。
 

ここまで出来てきました。

 投稿者:事務局 兼 天山鉄道  投稿日:2016年 4月10日(日)20時38分37秒
返信・引用 編集済
  ◆今日は、朝、早く起きて築地の場外市場に行って「マグロ・ネギトロ丼」を食べ、
午後はホビーセンターKATOに行って材料を探しに行ったのですが
あいにく、希望したものはなく、手ぶらで帰宅。作業はその後でした。

◆さて、今日は1800mmの左側、川のあるモジュールの製作です。
こちらも道路を貼り付け、その後、白線引き。
これで「はい、道路ですよ」って感じになりました。
レイアウトの奥側は斜めに国道が横切るようにして
川の上流部分と背景画のつなぎ目を隠す予定です。
この部分は道路橋を掛けるので後回しです。

◆このモジュールのメインは川になります。
川には板目紙を使用して川底を作ります。
まずジャーマンシーグレイ(濃灰色)でスプレー塗装後
濃いめのグリーンを上塗り塗装して川面の基本色としました。
このあと、両川岸の一部に葦が生えているように取り付け
最期に水面を木工用ボンドで仕上げます。
川はこの工法が簡単で丈夫です。でも今日は川面の塗装まででした。

【写真上】完成イメージの確認です。A4ボードは仮置き
【写真下】A4サイズのボードのイメージです。
自宅のレイアウト上に置かれていたストラクチャーを仮置きしてみました。
ストラクチャーさえあれば、こうしたA4ボードですぐに楽しめますね。実証しました。

 

突貫作業進捗の様子

 投稿者:事務局 兼 天山鉄道  投稿日:2016年 4月10日(日)07時07分14秒
返信・引用
  A4サイズのストラクチャーユニットボードを受け入れるレイアウト
この週末に突貫作業を行っています。
といっても主要な部分はA4サイズの情景をはめ込むのですから
築堤と道路、そして隙間部分に雑草を生やす
な~んていう作業になりますが、とりあえず1800mmの右側の主要作業が終わりました。
・道路には白線を書き込むとリアル感が増します。
・空地には特製ブレンドのフォーリッジを撒きました
・右奥の広めの余地は地形に変化をつけてもっこり。今後、雑木林にしましょう
このあと、ガードレールや鉄道柵などを取り付けます。(手元在庫がないので後日)

ーここで自宅レイアウトのストラクチャーをA4サイズにして置いてみるー

1800mmモジュールの右側だけですが、こんな感じになりました。
左から倉庫モジュール、精密機器の工場、製材所
これを最初から製作したらそれなりの時間がかかりますが
自宅に製作済みのレイアウトからの移設ですので
すぐにそれらしくなります。

こうやって運転会当日に持参いただいたA4サイズのストラクチャーボード
これを毎回、違うものを置くことによって変化が楽しめます。
こうしたレベルからモジュールレイアウト製作にチャレンジしてみるのもOKです。
要は、手を動かして欲しいのです。



明日は左側の川のあるモジュールレイアウトの製作にかかります。

ガードレールや建物を囲う壁など、小物作業は残っていますが

なんとなくレイアウトモジュールを形造る目途が立ちました。

6月12日の定例運転会に向けて作業は続きます。
 

走らなかった

 投稿者:川鐡  投稿日:2016年 4月 5日(火)22時07分46秒
返信・引用
  PIKOのロシアの電気機関車と客車ですが、まったく走らなかった
車輪は回っているのですがスリップしてダメです。
ゴムタイアが劣化しているようです。
調整して再挑戦ですが、機関車を中国製のディ-ゼルにすれば
それでも良いのではと思います。
ホントはシベリア鉄っぽくしたいのですが。
 

(無題)

 投稿者:川鐡  投稿日:2016年 4月 4日(月)13時20分53秒
返信・引用
  タイトル変更しました。  

/7